ゆったりぼっち

おひとりさまワープアでも、お金も時間も気持ちもゆったり暮らしたいのです

●登場人物●
「ワタクシ」:♀。30代独身、彼氏無し、友達2人、正社員ワープア、いつもクヨクヨ。趣味は園芸、読書、ネコ。
「ママ」:♀。天国にお住まいの大切なママ。
「ジイバア」:♂♀。90近い「ジイ」と「バア」。大切な祖父母。
「ネコジョシ」:♀。仮名。きかんぼおこりんぼで気の合う親友かつ妹のようなネコ。
「ネコダンシ」:♂。仮名。内弁慶でデリケートなハンサムネコ。
「インコサン」:?。仮名。「ジイバア」宅の二代目セキセイインコ。個性派の予感。
「アジエサン」:♀。唯一の女友達。友達の多い活発なおしゃれ女子。
「ノーカクン」:♂。唯一の男友達。農家の跡取り息子。かなりテキトーなタイプ。
●過去●
「ユズ」:♂。「ジイバア」宅の初代セキセイインコ。懐っこくて元気。大空へ旅立ってしまいお別れ。
「シャチョー」:♂。前職場の雇い主。見た目も中身もヤクザのような。



占い

ユウウツな月曜日、いえいえ、平日は毎日ユウウツです。今日は運転中に右折レーンに入ったところ、真正面からおじいちゃんが逆走してきました。お互いビックリして止まりました。毎日同じ繰り返しのようですが、色々あります。

できることなら毎日気分良く過ごしたいものですね。朝から占いで「今日はハッピーな1日」なんて言われたら、それだけでハッピー。「今日はガッカリな1日」と言われたら、それだけでも十分にガッカリ。

というわけで、朝のテレビの占いは見ません。だってガッカリって言われたら嫌なんだもの。落ち込むもの。
でも雑誌に載っているような一週間や一カ月占いは好きで、よく見ます。あと新聞の占いも。新聞の場合は順位付けがなく「〇〇に注意」のような書き方なので、安心して読めます。

最近本屋さんで「3年の星占い」という本を読んでみました。気に入りました。
占いではあるけれど、元気づけるような、励ますようなことがたくさん書いてあるのです。悪い事よりも、今年はアレ、来年はコレの運が良いよ、と書いてあるのです。何だか良いことが起こりそうな気にさせてくれます。
ちなみに「ワタクシ」は今年は恋愛ばっちり、来年は勉強ばっちり、再来年はキャリアばっちりだそうです。むふふ、期待しちゃうな。

「ワタクシ」恥ずかしながら、宇宙人の存在は心底信じております。出会ったことはありませんが、そして決してイカのような姿やETのような姿だとは思っておりませんが、夜空を見上げれば無数の星々の中に宇宙人はいると思うのです。
が、しかし。神や仏、天国や地獄、輪廻転生に閻魔大王、手相や占い、予言や予知は「信じる」ところまでいっておりません。
というわけで、占い=その通りに未来が進む、とまでは信じられないのですが、でもでも、占いは気にしてしまうのです。複雑な心持ち。「3年の星占い」でも「全員に当てはまるのではなく、今の現状を念頭において拾い上げてください」というようなことが書いてありました。それはそうよね、同じ星座の人に同じ出来事が起こったらそれこそおかしいものね。
当たる当たらないはともかく、良いことが起こるよ、と言われれば気分は良いもの。おみくじと一緒です。良いことがいっぱい書いてある占いを読んで、良いことが起こりそうな気分で過ごせたら、毎日がもっと良いものになりそうです。

↓着々と近づく「春」を発見↓
f:id:hissya-blog:20180205194237j:plain
スイセンのつぼみがムクムクと顔を出していました。連日強烈な寒さでしたが、お花たちは春へむけてちゃんと準備をしています。「ワタクシ」も見習わなくては…太っている場合ではないのです。だって今年は恋愛ばっちりって書いてあるもん!いつ未来の旦那様に出会っても良いように、断捨離や減量を進めたいと思います。

広告を非表示にする