ゆったりぼっち

おひとりさまワープアでも、お金も時間も気持ちもゆったり暮らしたいのです

●登場人物●
「ワタクシ」:♀。30代独身、彼氏無し、友達2人、正社員ワープア、いつもクヨクヨ。趣味は園芸、読書、ネコ。
「ママ」:♀。天国にお住まいの大切なママ。
「ジイバア」:♂♀。90近い「ジイ」と「バア」。大切な祖父母。
「ネコジョシ」:♀。仮名。きかんぼおこりんぼで気の合う親友かつ妹のようなネコ。
「ネコダンシ」:♂。仮名。内弁慶でデリケートなハンサムネコ。
「インコサン」:?。仮名。「ジイバア」宅の二代目セキセイインコ。物静かなインコ。
「アジエサン」:♀。唯一の女友達。友達の多い活発なおしゃれ女子。
「ノーカクン」:♂。唯一の男友達。農家の跡取り息子。かなりテキトーなタイプ。
●過去●
「ユズ」:♂。「ジイバア」宅の初代セキセイインコ。懐っこくて元気。大空へ旅立ってしまいお別れ。
「シャチョー」:♂。前職場の雇い主。見た目も中身もヤクザのような。



粟 - 収穫

右目の霰粒腫が治っていないのに、今朝から左目も痛みます。そんなに弱っているのかしら。こんなに肉肉しい身体をしているのに、メンタルはか細いのです。

か弱いと言えば、先日アワの収穫をしました。ホームセンターで買ったインコのおやつ用粟穂を植えてみたのです。芽が出たのです。実がなったのです。でも小さいのです。買えば一袋数百円もする粟穂。30本も植えれば一年買わずにすむぞ、とケチなことを考えまして、プランターや花壇に蒔いたのですが、ご覧ください、わが家のか弱い粟。

↓か弱くか細く育った粟の実たち↓
f:id:hissya-blog:20171114201620j:plain
何かがおかしい。自分が知っている粟穂と違う。粟というものは、この10倍くらいの房になるはずでは。頭がこう、垂れ下がって長くなるものでは(→詳しくはwiki)。しかも、試食した「インコサン」が言うには、実があんまり入っていないそうです。ガシガシとかじりついた「インコサン」、ガシガシガシガシ、かじれどかじれど実が出てこないみたいで、首をかしげておりました

来年もう一度やるぞ。ケチだもん、やるぞ。