ゆったりぼっち

おひとりさまワープアでも、お金も時間も気持ちもゆったり暮らしたいのです

●登場人物●
「ワタクシ」:♀。30代独身、彼氏無し、友達2人、正社員ワープア、いつもクヨクヨ。趣味は園芸、読書、ネコ。
「ママ」:♀。天国にお住まいの大切なママ。
「ジイバア」:♂♀。90近い「ジイ」と「バア」。大切な祖父母。
「ネコジョシ」:♀。仮名。きかんぼおこりんぼで気の合う親友かつ妹のようなネコ。
「ネコダンシ」:♂。仮名。内弁慶でデリケートなハンサムネコ。
「インコサン」:?。仮名。「ジイバア」宅の二代目セキセイインコ。物静かなインコ。
「アジエサン」:♀。唯一の女友達。友達の多い活発なおしゃれ女子。
「ノーカクン」:♂。唯一の男友達。農家の跡取り息子。かなりテキトーなタイプ。
●過去●
「ユズ」:♂。「ジイバア」宅の初代セキセイインコ。懐っこくて元気。大空へ旅立ってしまいお別れ。
「シャチョー」:♂。前職場の雇い主。見た目も中身もヤクザのような。



着物の虫干し

何ですって、世の中三連休なの!?「祝日休み」という条件で入社したものの、結局働いています。歩合だから働いた方がいいのでしょうけれど。そもそもお客様一人を「ワタクシ」が一人で担当できれば休むのも簡単なんですが、大半のお客様は二人がかりで担当しているため、「ワタクシ」だけが休むのは簡単ではありません。休むには曜日を変更する「振替」(お客様に嫌がられること必須)、もしくは他の従業員に代わってもらう「交代」(会社に嫌がられること必須)のどちらかが必要です。そんなわけで、簡単に「祝日休み」が叶うわけがありません。今の職場は前に比べれば良いところですが、なかなか「年に10日の有給休暇」「土日祝日休み」という条件なんてないんですかね。

と、愚痴から始まりました日曜日のブログです。

今日は朝から孫が大活躍です。掃除機、「ジイ」に頼まれた携行缶のガソリン2つ、もらいものの粉洗剤8キロ等々大荷物で8時半には「ジイバア」宅に到着。
今日はやりますよ、働きますよ。

2人のお布団干し。
掃除機かけ。
ホットカーペットをおん出して敷き、その上に重い絨毯を引きずってきて敷く。
こたつの設置。
扇風機を掃除して片づける。
「インコサン」のケージをばらし、水洗い。止まり木やおもちゃも全部洗って天日干し。
メダカの水槽掃除。
そして今日のメインイベント、「バア」着物虫干しです。

虫干しなんて初めて聞いた。初めてやった。そもそも着物なんて「ママ」の形見しかありませんもの。すさまじい量の着物があるであろう「バア」ですが、今日はとりあえず引出4段分に挑みました。干すついでに「バア」が捨てるものを選別。ゴミ袋5袋分になりました。

↓「バア」が嫁入りで着た着物↓
f:id:hissya-blog:20171008163447j:plain
家紋入りの着物です。「すごい!すごい!70年近く前の着物!?」と騒ぐ孫。「捨てろー」という「バア」。捨てるのか、捨てるのね、嫁入りの着物を捨てちゃうんだ。捨てました。

ところがどっこいどっこい!
まだまだあります古い着物。「バア」が小学6年生の時学芸会用に作ってもらった着物なんて、75年前くらいじゃないですか。古い着物はほとんどが自家製絹100%。「バア」の実家ではお蚕様を飼っていたそうで、自宅でとった糸から着物をつくってもらっていたのだそうです。ばあお手製のものもありました。

そんなわけで、思い出深い着物や絹の着物、おばの残していった高い着物を中心に虫干ししました。中には「大島つむぎ」とメモしてあった着物がありましたが…本当かな?これも残してあります。

家紋付きの着物1着と、お気に入りのはおりを1着、「ばーちゃん死んだらかぶせてー」だそうです。考えたくないけれど、まだまだ先であって欲しいけれど、その時が来たら必ずや実行いたします。

↓ズラリとお着物の皆様↓
f:id:hissya-blog:20171008164017j:plain
「道行」なんて言葉を知らなかったよ。「あわせ」とか「じゅばん」とか、着物も奥が深いのですね。「ママ」の形見の着物もしまったきり出していないので、今月中に虫干ししようと思います。出すのは楽々、しまうのは難しい。それぞれの折り方があるそうでございますよ。

成人式なんて出ていませんので、七五三しか着物を着たことがありません。こうして手に取ってみると、残りの人生で一度くらいは来てみたいなあと思いました。着られる機会があるかしら。あ、結婚すればいいんだ!そうかそうか、結婚するとき「バア」「ママ」の着物を着てお参りに行ってこよう。相手がいないけれど。

では世の中はお休みの明日、お仕事頑張ってまいります。