ゆったりぼっち

おひとりさまワープアでも、お金も時間も気持ちもゆったり暮らしたいのです

●登場人物●
「ワタクシ」:♀。30代独身、彼氏無し、友達2人、正社員ワープア、いつもクヨクヨ。趣味は園芸、読書、ネコ。
「ママ」:♀。天国にお住まいの大切なママ。
「ジイバア」:♂♀。90近い「ジイ」と「バア」。大切な祖父母。
「ネコジョシ」:♀。仮名。きかんぼおこりんぼで気の合う親友かつ妹のようなネコ。
「ネコダンシ」:♂。仮名。内弁慶でデリケートなハンサムネコ。
「インコサン」:?。仮名。「ジイバア」宅の二代目セキセイインコ。物静かなインコ。
「アジエサン」:♀。唯一の女友達。友達の多い活発なおしゃれ女子。
「ノーカクン」:♂。唯一の男友達。農家の跡取り息子。かなりテキトーなタイプ。
●過去●
「ユズ」:♂。「ジイバア」宅の初代セキセイインコ。懐っこくて元気。大空へ旅立ってしまいお別れ。
「シャチョー」:♂。前職場の雇い主。見た目も中身もヤクザのような。



バリ島旅行 - お出かけ編

片頭痛も5日目を迎えました。5日ともなればすっかり慣れまして、ズキズキしたってヘッチャラホイ!…なわけないですな、痛いものは痛いです。痛い。

前回(→詳しくはコチラ)に続きまして、バリ島旅行記お出かけ編です。オプショナルツアーを使いまして、1日めいっぱいお出かけしました。

↓ゴアガジャ遺跡↓
f:id:hissya-blog:20171004191530j:plain
怖いような可愛いようなお顔です。「あーん」しているお口に入ります。洞窟になっています。

↓テガラランのライステラス(棚田)↓
f:id:hissya-blog:20171004191743j:plain
知らなかったのですが、有名だそうです。「アジエサン」がテレビで見てぜひ見たい!とのことで来てみましたが、感想は「農家で育ったから田んぼ見ても感動しなかった」だそうです。参考になさってください。

ウブドの街中散策↓
f:id:hissya-blog:20171004191918j:plain
1時間半も自由時間がありましたが、1時間以上ただ腰かけて過ごしました。理由はお金ウブドに来る途中でツアーに組み込まれているお土産屋さんに寄ったのですが、「ワタクシ」は職場にチョコ、自分にルアックコーヒーとボディミストを買い先にお会計。その後お会計をした「アジエサン」のお金が足りず、貸しました。この時点で2人あわせても日本円で200円しか手元にない。ウブド市場を見ても買えないから行くのはやめよう。暑いし有名なルアックコーヒーでも飲みたいけれど、200円ではそれもできない。仕方がないので中国人観光客にまじって道端に腰かけてすごしました。

↓タマンアユン寺院↓
f:id:hissya-blog:20171004192531j:plain
縁結びに効くそうです。効くといいな。効きますように。

↓タナロット寺院↓
f:id:hissya-blog:20171004192954j:plain
ここはものすごい人でした。世界各地の観光客。日本語、英語、韓国語、中国語、フランス語、アラビアっぽい言葉等々、色んな言葉が飛び交っていました。ここで圧巻だったのは波、そして中国人観光客。サーフィン向きの波…っていうより、のまれたら死にます、という波。すごいのよ、もうドップーンザッパーンって。拙い擬音語で伝わるといいけど。次、中国人観光客、マイドローン持参で写真撮影。真っ赤なお揃いのドレスを着た女子集団がドローンで自撮り。「アジエサン」自撮り負けてるよ!!唖然とする「ワタクシ」とは対照的に、「アジエサン」はドローンいいかもとつぶやいておりました。

↓インド洋のサンセット↓
f:id:hissya-blog:20171004193543j:plain
右下にも寺院が写っています。その寺院にぶつかってくだける波、わかるかな?何メートルもの高さにもなっている波です。
以上、ここまでがオプショナルツアーです。三十路の二人組はヘトヘトになりました。

↓お買物スポット「バリコレクション」↓
f:id:hissya-blog:20171004193758j:plain
最終日、16時にチェックアウトした後お迎えが21時半だったので、バリコレクションまで無料バスで出かけてきました。「アジエサン」は1ルピアも余さずぴったり使い切ってお財布を見事に空にしました。お見事。一方眺めるだけで楽しかった「ワタクシ」はここではお買物はせず、スタバでシティマグ(→詳しくはコチラ)を買おうか迷ったのですが、デザインがアニメ風の人物が描かれていて気に入らなかったのでやめました。

なんと!これで旅行記は終わりです!これだけです!