ゆったりぼっち

おひとりさまワープアでも、お金も時間も気持ちもゆったり暮らしたいのです

●登場人物●
「ワタクシ」:♀。30代独身、彼氏無し、友達2人、正社員ワープア、いつもクヨクヨ。趣味は園芸、読書、ネコ。
「ママ」:♀。天国にお住まいの大切なママ。
「ジイバア」:♂♀。90近い「ジイ」と「バア」。大切な祖父母。
「ネコジョシ」:♀。仮名。きかんぼおこりんぼで気の合う親友かつ妹のようなネコ。
「ネコダンシ」:♂。仮名。内弁慶でデリケートなハンサムネコ。
「インコサン」:?。仮名。「ジイバア」宅の二代目セキセイインコ。物静かなインコ。
「アジエサン」:♀。唯一の女友達。友達の多い活発なおしゃれ女子。
「ノーカクン」:♂。唯一の男友達。農家の跡取り息子。かなりテキトーなタイプ。
●過去●
「ユズ」:♂。「ジイバア」宅の初代セキセイインコ。懐っこくて元気。大空へ旅立ってしまいお別れ。
「シャチョー」:♂。前職場の雇い主。見た目も中身もヤクザのような。



「インコサン」2カ月

うー片頭痛が。痛い痛い。昨日から続いてます。

昨日は「ジイバア」宅で「バア」の料理したおいしいとん汁をどんぶりでいただきました。にんじん、ごぼう、さといも、玉ねぎ、すべて「ジイ」が畑で育てたもの。なんて贅沢、美味しかったなあ。また食べたいなあ。

「インコサン」がお婿に来て間もなく2カ月です。ようやく「我が家のインコサン」になりました。この2カ月で「怯え続ける小鳥」→「インコっぽい小鳥」→「もしやインコ鳥?」→「まさにインコ鳥!」→「おてんばインコ鳥っ」と成長しました。

相変わらずテンションが低いと言いますか、真顔無表情でせっせとおもちゃで遊んでいます。おてんばなんですけど、静かです。真顔でブランブランとブランコに乗る。真顔で止まり木に逆立ちする。真顔でブランコに逆さづりになる。真顔で天井にぶら下がる。そんなわけで、おてんばが過ぎたようで、今おでこに1センチほどの傷ができています。落っこちてケガをしたのじゃないかしら。

ガタガタと盛大な物音をさせながら黙々と遊んでいますが、鳴き声は遠慮がち。「…ピョロ……ピョロロ……」と、控えめに小さな小さな声で鳴きます。お鼻が青くなってオスだと判明しましたので、もっとたくさん鳴いてしゃべるようになるといいのですが。小鳥屋のおっちゃん、さすがだなあ。雛のうちからオスってわかったんだもん、おっちゃんスゴイスゴイ!

買った時から羽根のクリッピングがしてありましたので、あまり飛べません。ですので放鳥は好きではないようです。怖いみたいで。しかし、人間の手にはすっかり慣れまして、手から粟穂をもらったりエサを1粒ずつもらったりしますし、指にパクッとかじりついたりもします。ケージに手を入れてティッシュでゴシゴシと網の掃除をしていると、いそいそと近寄って来てピョコンと腕に飛び乗り、ティッシュをもぎ取ろうとがんばります。ムフ、可愛い。

青菜も食べるようになりました。茎のかたい部分だけを残して、葉っぱはキレイに食べます。やっぱり女子っぽい。青菜の食べ方といい、か細い鳴き声といい。

相変わらず多尿便なのは気になりますが、今のところ元気です。

↓無事にインコらしくなりました↓
f:id:hissya-blog:20171003195754j:plain
今ではすっかり家族の一員。「ワタクシ」がコンニチハーと玄関から入れば、チラリと顔をのぞかせて「…ピョロ…ピョロ…」とつぶやく「インコサン」。「…マゴさん…いらっしゃい…」と言っていると思われます(多分)。先代インコ「ユズ」にかわりまして、「インコサン」には「イラッシャイ」「ヨーコソ」を覚えてもらいましょう。玄関でインコが可愛くお出迎え。いいねいいね、そうしよう。