ゆったりぼっち

おひとりさまワープアでも、お金も時間も気持ちもゆったり暮らしたいのです

●登場人物●
「ワタクシ」:♀。30代独身、彼氏無し、友達2人、正社員ワープア、いつもクヨクヨ。趣味は園芸、読書、ネコ。
「ママ」:♀。天国にお住まいの大切なママ。
「ジイバア」:♂♀。90近い「ジイ」と「バア」。大切な祖父母。
「ネコジョシ」:♀。仮名。きかんぼおこりんぼで気の合う親友かつ妹のようなネコ。
「ネコダンシ」:♂。仮名。内弁慶でデリケートなハンサムネコ。
「インコサン」:?。仮名。「ジイバア」宅の二代目セキセイインコ。物静かなインコ。
「アジエサン」:♀。唯一の女友達。友達の多い活発なおしゃれ女子。
「ノーカクン」:♂。唯一の男友達。農家の跡取り息子。かなりテキトーなタイプ。
●過去●
「ユズ」:♂。「ジイバア」宅の初代セキセイインコ。懐っこくて元気。大空へ旅立ってしまいお別れ。
「シャチョー」:♂。前職場の雇い主。見た目も中身もヤクザのような。



人生色々

今日は午後だけで交通事故を4つも見てしまいました。5つ目は自分かとドキドキしながら、ハンドルの10時10分の位置をガッチリ握って運転しました。恐怖におののいて運転していたら道を間違えてしまいました。少し落ち着かねば。

お仕事が減っている昨今、お給料も減っている昨今…しかし、気持ち的には楽で良いかもしれません…ワープアですが。社保は付いているけれど、15時~17時半には仕事が終わります。メンタルが弱いからこれくらいでいいのかも。お給料は少ないけれど時間があるしストレスも少ない方がいいか、平日はガツガツ働いてストレスはたまるけれど稼ぐか…皆様どちらがよろしい?「ワタクシ」は前者でけっこうです。

と、そんなことを考えたのは「アジエサン」がお仕事を辞めると言っていたからなのです。前職から100万も年収が下がったうえに人間関係にお疲れのご様子。年収が100万下がっても「ワタクシ」よりは多いのでは…。
「ワタクシ」はずうーっとワープアですので、お給料は最初から少ないしボーナスもないのが当たり前。34歳までずっとそのように生きてきました。もともとそういうものですから、貧乏性丸出しではありますが、不便なく暮らしていますし細々と貯金もしています。一方「アジエサン」の場合は「あったもの」がなくなるわけですから、それは不便も感じるし不満にも思うでしょう。タフな「アジエサン」なのに、心が疲れたからしばらくはアルバイト生活でもいい、と言っていました。確かにお金がないと暮らしていけないけれど、貯金もあるのだし、元気や生命を削って働くこともないでしょう。…という「ワタクシ」の甘い考えが今のワープア生活につながっているわけです。でも「アジエサン」すごく痩せてるし、眠れないって言ってたし、数十万のお金のためにそこまで頑張ることないと思うのです。心と身体が元気になったらまた仕事すればいい。「ワタクシ」と違ってお母さんと一緒に暮らしていますから、何とかなるでしょう。

人生色々。
自分の人生に色々な出来事があるという意味にとれますし、人の数だけ人生が色々あるという意味にもとれます。深いわね…重いわね…。

↓お腹がダボンとたれている「ネコダンシ」↓
f:id:hissya-blog:20170821201930j:plain
ネコも人生(猫生)色々。ネコ用カニカマボコでお腹を一杯にしようとする男「ネコダンシ」。いくら騒いでもお腹いっぱいまではあげられません。
飼い主がワープアでごめんね。
これからもみんな健康で、細々とつつましく、ささやかな楽しみを持って一緒に暮らしていきましょう。ネコ用カニカマボコはそんなささやかな楽しみの1つです。