ゆったりぼっち

おひとりさまワープアでも、お金も時間も気持ちもゆったり暮らしたいのです

●登場人物●
「ワタクシ」:♀。30代独身、彼氏無し、友達2人、正社員ワープア、いつもクヨクヨ。趣味は園芸、読書、ネコ。
「ママ」:♀。天国にお住まいの大切なママ。
「ジイバア」:♂♀。90近い「ジイ」と「バア」。大切な祖父母。
「ネコジョシ」:♀。仮名。きかんぼおこりんぼで気の合う親友かつ妹のようなネコ。
「ネコダンシ」:♂。仮名。内弁慶でデリケートなハンサムネコ。
「インコサン」:?。仮名。「ジイバア」宅の二代目セキセイインコ。物静かなインコ。
「アジエサン」:♀。唯一の女友達。友達の多い活発なおしゃれ女子。
「ノーカクン」:♂。唯一の男友達。農家の跡取り息子。かなりテキトーなタイプ。
●過去●
「ユズ」:♂。「ジイバア」宅の初代セキセイインコ。懐っこくて元気。大空へ旅立ってしまいお別れ。
「シャチョー」:♂。前職場の雇い主。見た目も中身もヤクザのような。



脂肪燃焼コース

金曜の夜。嬉しい嬉しい夜。
一方、お盆あけの3日間で随分と仕事が減りました。今月からのお給料は数万円ガターンと減りそうです。

というわけで、仕事の少なかった今日、16時からジムに行ってきました。

いつもトレッドミルをモタモタ歩いていたわけですが、むふ、最近「脂肪燃焼」コースの使い方を覚えたのですよ。
そもそもジムのトレッドミルの説明書がなく、使い方がわからない。だからいつも「スタート」「ストップ」「傾斜」「速度」のボタンしか使っていませんでした。ところがどっこいどっこい、マシンには「ローリング」とか「体力測定」とか、色んなボタンがあるのです。その中でも際立って気になります「脂肪燃焼」ボタン。うう、燃焼したい。でも使い方がわからない。

が、ある日、隣のおばちゃんも「脂肪燃焼」ボタンが気になったらしく、ジムスタッフを呼んで使い方を聞いているではありませんか!急いでイヤホンをずらし、耳をおっきくしてお隣の会話を盗み聞き。

で、とうとう使えるようになりました「脂肪燃焼」ボタン。お好みの傾斜~お好みの時間~そして正直な体重を入力すれば完了。

「脂肪燃焼」コースとはどんなものかと言いますと、傾斜がきつくなったりゆるくなったりするコースでした。よく見ればおばちゃま方みんなこのコースではございませんか。
まあ燃焼するかどうかは置いておいて、けっこう汗が出ます。傾斜がきつい時よりもゆるくなった時にブシャーと汗が出てきます。なんか痩せそう。痩せそうな気がする。

↓脂肪貯蓄コースの「ネコジョシ」↓
f:id:hissya-blog:20170818194306j:plain
お食事中でございます。お顔が大きくてお皿からはみだしております。先ほど94歳のお隣さんの土間で寝ているのを見つけ、何とか連れ出そうとほうきを持って追い回しましたが、おデブな「ネコジョシ」のフットワークの軽いこと軽いこと。軽やかに逃げ回り、最終的には窓から飛び出してお先に玄関で待っておりました。最初からそうしておくれよ。

バリ島。水着。「脂肪燃焼コース」に期待しましょう。