ゆったりぼっち

おひとりさまワープアでも、お金も時間も気持ちもゆったり暮らしたいのです

●登場人物●
「ワタクシ」:♀。30代独身、彼氏無し、友達2人、正社員ワープア、いつもクヨクヨ。趣味は園芸、読書、ネコ。
「ママ」:♀。天国にお住まいの大切なママ。
「ジイバア」:♂♀。90近い「ジイ」と「バア」。大切な祖父母。
「ネコジョシ」:♀。仮名。きかんぼおこりんぼで気の合う親友かつ妹のようなネコ。
「ネコダンシ」:♂。仮名。内弁慶でデリケートなハンサムネコ。
「インコサン」:?。仮名。「ジイバア」宅の二代目セキセイインコ。物静かなインコ。
「アジエサン」:♀。唯一の女友達。友達の多い活発なおしゃれ女子。
「ノーカクン」:♂。唯一の男友達。農家の跡取り息子。かなりテキトーなタイプ。
●過去●
「ユズ」:♂。「ジイバア」宅の初代セキセイインコ。懐っこくて元気。大空へ旅立ってしまいお別れ。
「シャチョー」:♂。前職場の雇い主。見た目も中身もヤクザのような。



「ユズ」捜索中

「ユズ」が行方不明になってまる2日が経ちました。

昨日はお昼休みと夕方探しに行きました。カゴを見つけると入る場合もあると聞いたのでカゴを外に出し、大好きな粟穂を入れておきましたが、戻って来ません。「ジイ」は庭の枝を切るフリをしながらずっと「ユズ」がいないか見ています。

どこかのベランダにでもとまって、「ご飯いただけませんか?」とピヨイピヨイと声をかければ保護してもらえるはず。もう会えなくても、どこかのお宅に保護してもらって可愛がってもらえれば。

一番心配なのはカラス。
次に心配なのは飢え。

怖い思い痛い思い苦しい思いをしてるんじゃないかと思うとお腹がぎゅーっとします。
それなのに「バア」ってば、もう今頃カラスに食われてる!とか、そこら辺に落っこちてる!とか、そういうことを言う。「ジイ」はますます自分のせいだと思って落ち込む。夫婦なのに性格は正反対ね。

日曜の夜はなかなか眠れず、朝4時過ぎにようやくウトウトしましたが、夢の中では「ユズ」を見つけたのです。屋根の上にいる「ユズ」を見て飛び起きました。夢か、とガッカリしてまたウトウトしたら、今度は「ユズ」が自分からカゴに帰ってくる夢を見ました。
正夢になって欲しい。

「奇跡」と言葉で言うのは簡単だけれど、「ユズ」が今頃どうしてるかと思うと、やっぱり「奇跡」を願ってしまいます。