ゆったりぼっち

おひとりさまワープアでも、お金も時間も気持ちもゆったり暮らしたいのです

●登場人物●
「ワタクシ」:♀。30代独身、彼氏無し、友達2人、正社員ワープア、いつもクヨクヨ。趣味は園芸、読書、ネコ。
「ママ」:♀。天国にお住まいの大切なママ。
「ジイバア」:♂♀。90近い「ジイ」と「バア」。大切な祖父母。
「ネコジョシ」:♀。仮名。きかんぼおこりんぼで気の合う親友かつ妹のようなネコ。
「ネコダンシ」:♂。仮名。内弁慶でデリケートなハンサムネコ。
「インコサン」:?。仮名。「ジイバア」宅の二代目セキセイインコ。物静かなインコ。
「アジエサン」:♀。唯一の女友達。友達の多い活発なおしゃれ女子。
「ノーカクン」:♂。唯一の男友達。農家の跡取り息子。かなりテキトーなタイプ。
●過去●
「ユズ」:♂。「ジイバア」宅の初代セキセイインコ。懐っこくて元気。大空へ旅立ってしまいお別れ。
「シャチョー」:♂。前職場の雇い主。見た目も中身もヤクザのような。



インコのおしゃべり

昨日は仕事終わりにまっすぐ「ジイバア」のお宅に行ってきました。娘(「ママ」)の死に続き息子(叔父)の死でグスグスと泣いてばかりいる「バア」「ジイ」は「はー」とため息はつくものの悲しみやつらさを口には出さず。でも「はー」を聞くと、「ジイ」今思い悩んでるな、とバレています。

そんな暗い中、セキセイインコ「ユズ」は元気にしております。インコが「ジイバア」にとってどれだけ救いになっていることか。へそ曲がりインコでも、つむじ曲がりインコでも。そんなことを言うと「ユズ」には「自分、いたって真面目なインコですが。」と言われそうですが。

「ユズ」はまもなく生後半年、家族になって5カ月になります。最近!ようやく!念願の!おしゃべりをするようになってきました!多分!おそらく!きっと!しゃべっておられる気がします!

では耳を澄ませてよーく聞いてみましょう。
・・・ゅじゅ・・・
・・・ゅーじゅー・・・チャン!・・・
・・・かじんなこの・・・(※「ユズ」にかじられた際の「バア」の怒声)
・・・くんな・・・(=来るな。※「ユズ」「バア」をかじりに行った際の「バア」の怒声)

暴言が多いように思います。

まだハッキリとしゃべれないので、よーくよーく聞いてかろうじて聞き取れたのはこれくらいです。ピヨピヨモゴモゴ言っている間に突然言葉らしきものが入ります。

教えたいのは以下3文。
・ジーチャンイツモアリガトウ!
・オヤツクダサーイ!
・モットー!チョーダイ!
まず1文目、毎日お世話をしてくれる「ジイ」への感謝の言葉。残り2つは「ユズ」の大好きな粟穂をあげる際に言って欲しい一言。いつもガツガツと「ワタクシ」の手から奪い取るように粟穂をかじるので、もっと可愛くもらって欲しいのです。

↓ブランコで遊ぶ「ユズ」↓
f:id:hissya-blog:20170509200348j:plain
ブランコに乗って遊ぶ。ブランコの鈴をつついて遊ぶ。止まり木とブランコに片足ずつ足をかけ、足をフルフルさせながら遊ぶ。ブランコの鈴を頭に「カポ」とかぶって虚無僧のような姿で遊ぶ。「ユズ」のおかげで「虚無僧」なんていう日本語を久しぶりに思い出しました。

親兄弟皆寡黙なインコ一家に生まれた「ユズ」ですが、おしゃべり大好きな「バア」のもとで少しずつしゃべるインコになってきました。
でもさー、もっと良い言葉覚えましょうよ…。子育てと一緒ね、「バア」の言葉はインコへと伝わります。親の言葉は子供へと伝わります。子供いないけど。結婚してないけど。できそうにないけど。

「ジイバア」に孫の「ワタクシ」「ユズ」、みんなで励ましあって、「ジイバア」にはまだまだ元気で長生きしてもらいましょう!!

広告を非表示にする