ゆったりぼっち

おひとりさまワープアでも、お金にも時間にも気持ちにも余裕のある生活を願う

●登場人物●
「ワタクシ」:♀。30代独身、彼氏無し、友達2人、正社員ワープア、いつもクヨクヨ。趣味は園芸、読書、ネコ。
「ママ」:♀。天国にお住まいの大切なママ。
「ジイバア」:♂♀。90近い「ジイ」と「バア」。大切な祖父母。
「ネコジョシ」:♀。仮名。きかんぼおこりんぼで気の合う親友かつ妹のようなネコ。
「ネコダンシ」:♂。仮名。内弁慶でデリケートなハンサムネコ。
「インコサン」:?。仮名。「ジイバア」宅の二代目セキセイインコ。物静かなインコ。
「アジエサン」:♀。唯一の女友達。友達の多い活発なおしゃれ女子。
「ノーカクン」:♂。唯一の男友達。農家の跡取り息子。かなりテキトーなタイプ。
●過去●
「ユズ」:♂。「ジイバア」宅の初代セキセイインコ。懐っこくて元気。大空へ旅立ってしまいお別れ。
「シャチョー」:♂。前職場の雇い主。見た目も中身もヤクザのような。



退職の日

本日3月31日をもちまして、6年間勤めた今の会社を退職いたしました。

ここ数日新しい職場の引継ぎをし、給料が当初の約束よりもさらにさらに(二回目)減らされることがわかり、色々悪い方向へと進んでおりました。しかしながら今の職場では、お世話になったお客様に挨拶をするたびに優しい言葉をかけていただき、とあるおばあちゃんは涙を流してくださいました。その気持ちがありがたいです。

ご子息2人をはじめとする若い男衆4人は3リットルのスパークリングワインを。外回り部門の皆様はカタログギフトを。他部署に行った仲良しのおばちゃまには鉢植えやハンカチを。その他お客様からはチョコレート、手編みのウサギさん、ブーケ、お菓子等々、たくさんの贈り物をいただきました。思っていたよりも「ワタクシ」はこの職場に受け入れられていたようで、気づけば本部の最長従業員となっておりました。受付もこなしましたので、一種の「顔」のようなもので、自分で思っていたよりも愛されていたのだわ、と今更気づきました。しかしながら、「シャチョー」ご夫妻は何もくれませんでした…くれないと思っていたので平気でしたが。そうはいっても雇ってもらった身、職場と他部署2つにジュースを箱で差し入れし、お世話になった人には個別に「ありがとう」と書かれているクッキーと野菜ジュースセットを贈りました。

そして職場から最後に運び出された贈り物、それはメダカ。17匹のメダカをタッパーにつめ、どんぶらこと運んできました。ご子息に育て方を教えたのですが→無理無理。じゃあ他部署にお願い→無理無理。「シャチョー」に「持って帰れー!!」と最後のお叱りをいただきまして、水槽は洗って空っぽにし、メダカはタッパーにつめ、持ち帰ってきました。自宅の窓際に水槽をセットしてようやくホッと一安心。あ、もう「シャチョー」は社長じゃなくなるのね。

この震災後の6年間、「ママ」との別れを始めとして、たくさんのことがありました。そりゃ年もとったわね。

あんまり見通しのよくない職場だけれど、まあ何とかなる、と思い込むように努めます。これからが大変だけれど、楽しい経験がたくさんできますように。楽しいことをたくさんブログに書けますように。

広告を非表示にする