ゆったりぼっち

おひとりさまワープアでも、お金も時間も気持ちもゆったり暮らしたいのです

●登場人物●
「ワタクシ」:♀。30代独身、彼氏無し、友達2人、正社員ワープア、いつもクヨクヨ。趣味は園芸、読書、ネコ。
「ママ」:♀。天国にお住まいの大切なママ。
「ジイバア」:♂♀。90近い「ジイ」と「バア」。大切な祖父母。
「ネコジョシ」:♀。仮名。きかんぼおこりんぼで気の合う親友かつ妹のようなネコ。
「ネコダンシ」:♂。仮名。内弁慶でデリケートなハンサムネコ。
「インコサン」:?。仮名。「ジイバア」宅の二代目セキセイインコ。物静かなインコ。
「アジエサン」:♀。唯一の女友達。友達の多い活発なおしゃれ女子。
「ノーカクン」:♂。唯一の男友達。農家の跡取り息子。かなりテキトーなタイプ。
●過去●
「ユズ」:♂。「ジイバア」宅の初代セキセイインコ。懐っこくて元気。大空へ旅立ってしまいお別れ。
「シャチョー」:♂。前職場の雇い主。見た目も中身もヤクザのような。



野鳥さん

猛烈な風ですね、木造の古い我が家はガタガタユサユサしております。今日は白目の出血は残念ながら変化なし。左肩の腱板損傷は、テーピングのおかげ+おそるおそる動いているのでだいぶマシに感じます。痛いですけれどもね。

わが家は田舎です。一家そろってイナカッペですのよ。どちらをむいてもお山ですもの。そんなわが家でのお昼の楽しみ、それは野鳥です。もともと「ママ」が生き物は何でも好きでしたので、わが家は昔から野鳥さんにわるくなってきたリンゴやみかん、古い玄米をあげておりました。田舎ではこういうことは多いのですよ、八百屋さんなんて木にたくさんみかんをさしておりますもの。都会でやったらカラスで大変なことになっちゃうね。

で、「ワタクシ」の代になってすっかりお貧乏になりましたが、古い玄米はたくさんありますので、パラッとおすそ分け。あとは「ママ」にお供えしている毎日のご飯、同じくお供えものの古くなったリンゴやオレンジなどをおすそ分け。果物は野鳥さんたちに大人気なんだけれど、なかなかあげられないのです。普段は玄米です。

というわけで、お昼に帰宅したら少しばっかり玄米をまきます。そうすると、「ワタクシ」がお昼の食卓につく頃にはちょうど野鳥の皆さんのお昼ご飯の姿を見ることができます。

まずスズメ。安定出現率のかわいい雀さんたちです。かなりの慎重派でして、集団で木の枝を一段一段おりてきて、集団でパッと地面に舞い降ります。みんなであちこちつついて、集団でパッと逃げます。

次、ヒヨドリ。食いしん坊のやんちゃ坊主。同種であってもケンカをして、必ず独り占めしてお食事をします。お食事の用意ができるとすぐに飛んできて食い散らかします。みんなムチムチでまんまるこ。そして春先、お花が咲くとお花をむしって食い散らかします。

次、ハトポッポ。こちらはつがいのご夫婦でして、このブログにも何度か登場したことがあります。こちらのご夫婦はとっても仲良し。いつも桜の木に一緒に止まっています。旦那様が男前でして、夫婦でポッポと地面をついばんでいるところにヒヨドリが来ると、たちまち旦那様が戦いに出向いて追い払います。いいなあ、ステキな旦那様。欲しいなあ。

次、ヤマガラ。2度ほど見ました。見たことのない鳥だったので調べてみたところ、種類が判明。日々勉強です。

そしてメジロ。可愛い可愛いメジロさん。今季は一度しか見てないのですが、炊飯器にこびりついたご飯をまきにお外に出たところ、すぐ後ろにいました。すぐ近くで見ることができましたよ。お抹茶色の身体に白くふちどりされたお目目、そして頭でっかちで身体が小さい。可愛い。可愛いのよ。その後、きかんぼのヒヨドリに追い払われてしまいました。よくも。

最後、「ネコジョシ」。小鳥さんたちを狙って、松の木の下に隠れて目をギラギラさせている「ネコジョシ」の姿も観察できます。「おかしいわね…アタシこんなに上手に隠れているのに、どうして小鳥が来ないのかしら…」と上を見上げてキョロキョロしています。まず「ネコジョシ」は身体が大きいので目立っています。そして白黒のピカピカの毛皮でますます目立っています。こんなに大きなネコがエサの近くにいたら、小鳥も気づくと思います。

↓桜の木の上の鳩ポッポ夫婦↓
f:id:hissya-blog:20170221195730j:plain
分かりづらいですか、よく見るとご夫婦で写っています。

こんな冬の楽しみですが、あとひと月もすれば色々なお花が咲き始め、野鳥さんたちともお別れです。お別れは寂しいけれど、野鳥さんたちはお花の蜜のような美味しい物をたくさん食べられるようになりますね。今年も花粉症になりませんように。

広告を非表示にする