読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆったりぼっち

おひとりさまワープアでも、お金にも時間にも気持ちにも余裕のある生活を願う

●登場人物●
「ワタクシ」:♀。30代独身、彼氏無し、友達2人、正社員ワープア、いつもクヨクヨ。趣味は園芸、読書、ネコ。
「ママ」:♀。天国にお住まいの大切なママ。
「ジイバア」:♂♀。90近い「ジイ」と「バア」。大切な祖父母。
「ネコジョシ」:♀。きかんぼおこりんぼで気の合う親友かつ妹のようなネコ。
「ネコダンシ」:♂。内弁慶でデリケートなハンサムネコ。
「ユズ」:?。「ジイバア」宅のセキセイインコさん。活発で食いしん坊。
「アジエサン」:♀。唯一の女友達。友達の多い活発なおしゃれ女子。
「ノーカクン」:♂。唯一の男友達。農家の跡取り息子。かなりテキトーなタイプ。
「シャチョー」:♂。雇い主。見た目も中身もヤクザのような、金持ちなのにケチな人。



シティタンブラー

昨夜は何かつらいことがあったらしい「ネコダンシ」がお布団にやって来ました。普段はお布団の中は「ネコジョシ」の指定席。右側に「ネコジョシ」がもぐり込んで寝ていたので、左側に「ネコダンシ」を迎え入れようとしたところ、「ネコジョシ」大激怒。アタシのお布団なのよーっ!フンギャアーッ!と怒鳴り、豪快なネコパンチ!!…が、「ワタクシ」に直撃いたしまして、「ネコダンシ」ではなく「ワタクシ」負傷しました…右腕にひっかき傷ができております。結局「ネコダンシ」はお布団に入れず、ドッカリと「ワタクシ」のお腹の上に乗っかって寝ておりました。
この2匹が仲良くやることは難しい模様です。「ネコダンシ」には、普段「ネコジョシ」をいじいめつけているからこういう時に入れてもらえないのよ、と言い聞かせました。「ネコジョシ」には、反対側なんだから入れてあげてもいいでしょ、攻撃するなら飼い主ではなくちゃんと「ネコダンシ」に当てなさいね、と言い聞かせました。

お仕事中、ああコーヒーが飲みたいなあと思ったりします。お貧乏な身ですので、スタバのコーヒーなんてお高級品。あの値段でご飯が食べられるよ。ですのであまり飲めないのですが、旅先でその土地の地域限定品(→詳しくはweb)を買うのが楽しみでした。ここ、「でした」と過去形になっているところが重要です。

↓スタバのシティタンブラー↓
f:id:hissya-blog:20170215213043j:plain
3つしか持っておりませんの。「東北」「名古屋」「長野」です。あれ、「東京」持ってなかったのね。スタバでタンブラーを買うと1杯無料券をいただけますよね?今でもそうなのかしら?
で、「東北」を残して処分することにしました。断捨離の一環です。このタンブラーは保温ができないし、飲み口がかたくてかたくて「フンッ!」と気合を入れないと開きません。開けた勢いでこぼしたりもします。そもそもスタバは年に数回の贅沢品ですので、タンブラーを持って行くこともありません。ですので、もう買うのはやめることにしました。

今すでに「ネコダンシ」がお布団の上に張り込んでおります。「ネコジョシ」は膝の上です。今夜も闘いになる予感。3人仲良く川の字になって寝ましょうよ、そうしましょうよ。

広告を非表示にする