ゆったりぼっち

おひとりさまワープアでも、お金も時間も気持ちもゆったり暮らしたいのです

●登場人物●
「ワタクシ」:♀。30代独身、彼氏無し、友達2人、正社員ワープア、いつもクヨクヨ。趣味は園芸、読書、ネコ。
「ママ」:♀。天国にお住まいの大切なママ。
「ジイバア」:♂♀。90近い「ジイ」と「バア」。大切な祖父母。
「ネコジョシ」:♀。仮名。きかんぼおこりんぼで気の合う親友かつ妹のようなネコ。
「ネコダンシ」:♂。仮名。内弁慶でデリケートなハンサムネコ。
「インコサン」:?。仮名。「ジイバア」宅の二代目セキセイインコ。物静かなインコ。
「アジエサン」:♀。唯一の女友達。友達の多い活発なおしゃれ女子。
「ノーカクン」:♂。唯一の男友達。農家の跡取り息子。かなりテキトーなタイプ。
●過去●
「ユズ」:♂。「ジイバア」宅の初代セキセイインコ。懐っこくて元気。大空へ旅立ってしまいお別れ。
「シャチョー」:♂。前職場の雇い主。見た目も中身もヤクザのような。



インコの性別

月曜日です!今日から良い一週間を!!が、朝一番でその意気込みは砕け散りました。いつものように悶々と仕事をしまして、1時間サービス残業をサービスして帰宅です。

でも!夜は楽しく過ごしましょう!今日はインコサンの性別について書こうと思います。
まずインコの性別って見た目でわかるの!?と驚くところです。「ワタクシ」「ユズ」をお迎えするまでは、インコの性別など気にしたこともなく、雀や鳩ぽっぽを見ても「男の子かしら…女の子かしら…」なんて考えたこともありませんでした。
しかし、「ユズ」がやって来てインコ旋風を巻き起こしまして、やはり性別は気になります。ではまず考察いたしましょう。

・きかんぼ→♀(「ネコジョシ」参考)
・小心者→♂(「ネコダンシ」参考)
・羽繕い大好き→♀(一般的にそうかな、と)
・あまり鳴かない→♀(インコ理論)

女の子なのかしら…。最近また鳴かなくなってきました。演歌が好きで、テレビから演歌が流れるとよく鳴きます。インコの心にも演歌は染み入るのでしょうか。それ以外の時は、声をかけるとこちらは向くけれど「・・・。」と無言です。あと眠くなるとムニャムニャ言っています。

↓尾っぽの先まで羽繕いする「ユズ」↓
f:id:hissya-blog:20170213200325j:plain
顔をギューンとそらして、自分の尾っぽをくわえて羽繕い。インコって身体柔らかいのですね、ゴチゴチの「ワタクシ」とは違いますのね。なんてしなやかなの。

で、先週、いつの間にやら「ユズ」のお鼻の下が青くなってきていることに気がつきました。え、インコにお鼻なんてあるの!?ええ、人間と同じように、お鼻の穴が2つあいているのですよ。これは決定打かもしれません。男の子はお鼻が青いのだそうです。予想が外れているじゃないの。

男の子はよくしゃべる場合が多いそうです。しかし、どうもへそ曲がりの「ユズ」さん、しゃべるようになるかしら。「ユズ」「ジーチャン」「バーチャン」くらいはしゃべって欲しいなあ。お給料が入ったから、今週は「ユズ」に賄賂の粟穂を買って行くつもりです。

広告を非表示にする