読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆったりぼっち

おひとりさまワープアでも、お金にも時間にも気持ちにも余裕のある生活を願う

●登場人物●
「ワタクシ」:♀。30代独身、彼氏無し、友達2人、正社員ワープア、いつもクヨクヨ。趣味は園芸、読書、ネコ。
「ママ」:♀。天国にお住まいの大切なママ。
「ジイバア」:♂♀。90近い「ジイ」と「バア」。大切な祖父母。
「ネコジョシ」:♀。きかんぼおこりんぼで気の合う親友かつ妹のようなネコ。
「ネコダンシ」:♂。内弁慶でデリケートなハンサムネコ。
「ユズ」:?。「ジイバア」宅のセキセイインコさん。活発で食いしん坊。
「アジエサン」:♀。唯一の女友達。友達の多い活発なおしゃれ女子。
「ノーカクン」:♂。唯一の男友達。農家の跡取り息子。かなりテキトーなタイプ。
「シャチョー」:♂。雇い主。見た目も中身もヤクザのような、金持ちなのにケチな人。



お魚の拒食症

あれこれ

朝起きたらがモサモサと降っていました。お腹にホッカイロを2枚忍ばせ、車には長靴とほうきを積み込んで出勤。お昼からはとなりまして、大変に喜ばしいです。

本日の「シャチョー」からの無理難題→アロワナがエサを食わない、何とかしろ。
アロワナってどちら様?ネットで調べてみたところ、おお、お魚ね。おお、そういえば、「シャチョー」宅の居間(職場は「シャチョー」の自宅併設です)に大きなナマズのようなお魚がいたかも。こんなに大きなお魚がいたのになぜうろ覚えかといいますと、同じ水槽に「黒地にピンクの水玉模様」というサイケデリックなエイがいたからです。「ワタクシ」のエイの概念をひっくり返した激しい色彩模様のエイ。しかも金魚を食べるという。しかもしかもエサ用の金魚代が月に6000円もかかるという。しかもしかもしかもエサ用金魚は宅急便で届くという。お魚って宅急便で送れるのですね。びっくりですね。

まずはアロワナご本人と面談し、痩せて肋骨が浮いていないかとか、物欲しそうな顔をしていないかとか、確認しようと考えたのですが…「シャチョー」宅の居間に入りたくありません。理由はお犬様。毎日牛肉と馬肉のハンバーグを食べ、24時間2台のストーブをつけてもらっているお犬様4匹がいるのです。このお犬様達、雇われビンボー「ワタクシ」が居間に入りますと、4匹揃って飛びかかり「ワタクシ」の服に泥をこすりつけ、おズボンのすそにかじりついて引きずり倒そうとしてくるのです。ですので朝晩「おはようございます」「お疲れ様でした」の挨拶をするために居間に顔を出す時も、文字通りドアの隙間から「顔だけ」出して急いで逃げます。そんなわけで、アロワナと面談するのはあきらめましょう。

では次、「シャチョー」に聞き取り調査を。「シャチョー」の思考回路ならば、「腹が減ったらそのうち食うだろ!」と考えるに決まっておりまして、その「シャチョー」が心配しているのですから余程の事態に違いありません。いつ頃から食べなくなったのか、エサは何をあげているのか(イモムシとコオロギですって…)、水とか温度に変化がなかったのか等々。

ではでは次、ネットでアロワナについて調べてみましょうか。しかしまあ、60センチもある大きなお魚ですから巨大な水槽が必要なわけで、余程のお魚好きか、お金持ちの道楽(「シャチョー」は後者)くらいでしか飼わないわけで、なかなか思うように情報が見つかりません。
しかし、拒食はよくあることだそうです。原因は色々だそうです。と、報告したところ、「その色々を調べろー!」と。ごもっともです。ストレス、エサに飽きた、環境やお水の変化、病気などだそうですが…病気だったら困りますね。まずアロワナ可の動物病院を探す苦労、そして60センチもあるお魚を病院まで連れていく苦労…病気という可能性は最後まで取っておくことにしましょう。

ネットの情報をもとに、いま一度「シャチョー」に聞き取り調査をしました。その結果!あの「黒地にピンクの水玉模様のエイ」がお星さまになっていたことがわかりました。おお、もしかして、同居人がいなくなってしまったことが原因なのでは…「シャチョー」も、そういえばエイが死んだ次の日から食ってない…と。はい、原因はきっとそれです!同居人を失ったストレスです!以上、調査報告終了です。

が、それで済むわけはなく、「エサ食わせろー2か月も食ってないんだぞー!」と、お叱りが。新たに同居人を迎えてはいかがでしょうかと提案しましたが、却下。ならばエサを変えてみるとか。調べてみたところ、カエルをおススメしている声が多いです。カエルはいかがでしょう?50匹3000円です。…カエルも宅急便で届くのかしら…クロネコヤマトのあの若くて素敵なお兄さんが荷物を持ってきてくれた時に、箱の中から「♪ケロケロ♪ゲコゲコ♪クワックワッ♪」なんて聞こえたらすごく恥ずかしいな…。しかし、タバコを吸っていた「シャチョー」の手がとまりまして、「カエル…」とボソリ。

は!!しまったー!!「シャチョー」はカエルとかトカゲとか大嫌いだったんだ!!「オメー、アロワナがカエル食わなかったら持って帰れよ…」と言われまして、「助手席に50匹のカエルを乗せて運転して帰る自分」を想像してゾクゾク。カエルはやめましょう。それなら口コミで人気の飼料を買ってみましょう、と提案し、2種類注文して終了しました。

同居人を失う悲しみはよくわかります…お魚だってつらいのね。「ワタクシ」はストレスで過食に走ります。負けず劣らずメンタルの弱い「ネコダンシ」過食嘔吐をします。「ネコジョシ」はいつでも元気、おいしくご飯を食べて、気にしないタイプです。アロワナも美味しいご飯を食べて、早く元気になってくれますように。

↓お布団の上にいる「ネコダンシ」↓
f:id:hissya-blog:20170209190138j:plain
「ネコダンシ」のお鼻にが…お隣のギャングネコ「チーちゃん」にやられたに相違ありません。普段はこたつで寝ておりますが、つらいことがあるとお布団に寝にやってきます。

お魚にも拒食症なんてあるんだなあ…ストレスは人間だけのものではないのですね。ネコもインコもお魚もストレス、みんなそれでも頑張っているのです。「ワタクシ」もまた明日の仕事を頑張りましょう。

広告を非表示にする