ゆったりぼっち

おひとりさまワープアでも、お金にも時間にも気持ちにも余裕のある生活を願う

●登場人物●
「ワタクシ」:♀。30代独身、彼氏無し、友達2人、正社員ワープア、いつもクヨクヨ。趣味は園芸、読書、ネコ。
「ママ」:♀。天国にお住まいの大切なママ。
「ジイバア」:♂♀。90近い「ジイ」と「バア」。大切な祖父母。
「ネコジョシ」:♀。仮名。きかんぼおこりんぼで気の合う親友かつ妹のようなネコ。
「ネコダンシ」:♂。仮名。内弁慶でデリケートなハンサムネコ。
「インコサン」:?。仮名。「ジイバア」宅の二代目セキセイインコ。物静かなインコ。
「アジエサン」:♀。唯一の女友達。友達の多い活発なおしゃれ女子。
「ノーカクン」:♂。唯一の男友達。農家の跡取り息子。かなりテキトーなタイプ。
●過去●
「ユズ」:♂。「ジイバア」宅の初代セキセイインコ。懐っこくて元気。大空へ旅立ってしまいお別れ。
「シャチョー」:♂。前職場の雇い主。見た目も中身もヤクザのような。



インコサン2日目

「ピヨマル」改め「ユヅ」改め、もう「ユズ」でいいです。柚子で。初めてのインコサンしかも幼鳥ということで心配したり気をもんだりの2日間でした。今もだけど。

昨日の午後、「ユズ」を連れて「ジイバア」のお宅へ。飛ばないし手に慣れてるんだよ、と手に乗せてホラ!と見せたとたん、バッサバッサと羽ばたき天空へと舞い上がった「ユズ」。飛べるじゃないの。昨日の朝の時点では、まだバタバタやるけど飛べないと聞いていたのですが。しかし、途中で力尽きてボターンと着地。
肝心のお食事なんだけど、エサ入れのエサはまき散らすばかりで食べず、粟穂ばっかりつついておりました。たまーに「は!」と気づくとエサ入れもつつくんだけど、すぐに粟穂探しに出かけてしまいます。とりあえずしっかり食べてもらわなくちゃね。
昨日は「ジイバア」のお宅に泊まり、今日は午前中「バア」を連れてお正月のお買い物へ。帰宅したら、「ユズ」がぴよおーんとケージの網にへばりついてお出迎え。ケージの外に出たいのか、もしくは人の手からご飯をもらうものと思っているのか、ケージにしがみつきながらピヨピヨと声をかけてきます。何てかわいいの、小鳥ってこんなにかわいいのね。今日もケージから出したところ、見事に舞い上がりまして、古いつくりで天井の高い「ジイバア」のお宅のすってんちょうまで飛びました。グルグルと3周ばかり飛んで、お疲れの様子で「バア」の頭の毛糸の帽子の上に着地。上手になったなあ。
2日間観察したところ、「寝る→暴れる→食べる」のサイクルを繰り返している様子。30分くらいのサイクルかな。

↓ケージの天井にぶら下がる「ユズ」↓
f:id:hissya-blog:20161225203950j:plain
明日からは「バア」がお世話をしなくちゃいけないんだけど、何せ右手を骨折しているし、もともと不器用だし、底網がないので新聞替えはしないでとりあえずお水と粟穂だけは忘れずにお願いしました。さっきも心配で電話しちゃった。明日も電話する。明後日も電話する。水曜には行ってみる。「ワタクシ」ってば心配性不安症。

クリスマスなのにクリスマスらしいこと何も書いてなかった。だって何もなかったんだもん。

広告を非表示にする