読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆったりぼっち

おひとりさまワープアでも、お金にも時間にも気持ちにも余裕のある生活を願う

●登場人物●
「ワタクシ」:♀。30代独身、彼氏無し、友達2人、正社員ワープア、いつもクヨクヨ。趣味は園芸、読書、ネコ。
「ママ」:♀。天国にお住まいの大切なママ。
「ジイバア」:♂♀。90近い「ジイ」と「バア」。大切な祖父母。
「ネコジョシ」:♀。きかんぼおこりんぼで気の合う親友かつ妹のようなネコ。
「ネコダンシ」:♂。内弁慶でデリケートなハンサムネコ。
「ユズ」:?。「ジイバア」宅のセキセイインコさん。活発で食いしん坊。
「アジエサン」:♀。唯一の女友達。友達の多い活発なおしゃれ女子。
「ノーカクン」:♂。唯一の男友達。農家の跡取り息子。かなりテキトーなタイプ。
「シャチョー」:♂。雇い主。見た目も中身もヤクザのような、金持ちなのにケチな人。



鼻からの胃カメラ

昨日は「ジイバア」のお宅に泊まって、夕ご飯には「バア」のつくってくれた美味しいカレーとポテトサラダをたらふくいただきました。緊張していないつもりが、実はこの2週間で2度も胃カメラの夢を見てしまったりして…心の奥底では相当不安だったのでしょう。小心者ですもの。そんなわけで昨夜はあんまりよく眠れず、朝起きたら昨日のポテトサラダに入っていた生玉ねぎのせいで、お口がプンプンにおうくさいこと。朝ご飯は食べられないし、お水も控えめにとのことだったので、一応歯磨きをして口臭をごまかしました。「バア」に「そんなに気をもむなー!始まっちゃえばどうってことないんだからー!」と励まされて出発。

まずは血圧を測り、ドキドキしながら待っていると、検査室から「先輩が後輩に胃カメラの指導をする声」が聞こえてきちゃいました…えー、可愛い新人さんよりベテランのおばちゃまにやっていただきたいのですが。残念ながら可愛い新人看護師にあたってしまいまして、可愛い新人看護師は「ん?」とか「あれ?」とか、ひとり言をつぶやきつつ紙をみながら進めておりました。
そんなわけで、第一の点鼻薬でまず失敗。全然奥に入ってこなくて、鼻の入り口に液がたまって鼻水のように流れ落ちちゃいました。
ハイ次、お次は鼻に麻酔を流し込むのね…と思ったら、それは飛ばして、いきなり鼻に管。10センチくらいのヌルヌル麻酔がこってりと付いた、なかなかにぶっとい管。初めてなのでどちらの鼻が良いかチェックするために、両方の鼻の穴に1本ずつ。これが、もーう、痛い。プールで鼻に水が入ってツーンとするアレの、強烈なやつ。思わず涙をこぼした情けない「ワタクシ」。だってツーンと痛かったのですもの。結局左は管が通らず、右に決定。
ここで先生登場→ハイ、入れますねー。あれ、これ、ゼリーついてないよ。
何ですって?
で、可愛い新人看護師アタフタとゼリーを探す。ああ~先生気づいてくれて良かったです。
ではもう一度。ん、ぎゃー痛いー!!
先生→あれ、狭いねー入るかなーあ、入ったー。
で、痛いところは過ぎてぬるりんとのど元に。
はい、ごっくんしてー!で、無事に食道へ。
スルスル…スルスル…スルスル…まだ?…スルスル…スルスル…まだ?
いやあ、こんなに長く入るものなのか~「ワタクシ」のお腹キレイじゃない?ピンクでプリプリしていて、とってもキレイよね?と、鼻にぶっとい管がささっていることも忘れて画面に夢中。先生も「キレイだねーピロリ菌いないと思うよー」。ふと気づけば可愛い新人看護師がずっと背中をさすってくれております。のどに何かあるなっていう感じはあったけれど、そんなに違和感はなし。それよりもカメラを動かすとお鼻の奥がちょっと痛む。
先生→ハイ、抜きましょー!
わーい、そうしましょー!で、グイグイと引っこ抜いたら鼻血がチョローン。えー。しかし、鼻血が止まる間もなくすぐに検査室を追い出され、大勢いる待合室で鼻血をふきふき…はなぢ…。こんなに鼻の穴が大きい顔してるのに、中は狭いんだなあ。

次、鼻血をたらしたまたピロリ菌のために採血をしたんだけれど、まず左手~ゴニョゴニョ…血が出てこない。何でよー鼻血はこんなに出てるのに。看護師さんが格闘し、2本容器をダメにして、気の小さい「ワタクシ」はますます真っ青でますます血が出ない。じゃあ右手に変更~ゴニョゴニョ…また出てこない。「何でー?」って看護師さんに聞かれても、「ワタクシ」もわかりかねます。しまいには巨大な注射器のようなものを持ってきて、吸引し始めた。にもかかわらず、ショボショボとしか出てこない血。鼻血は元気に流れているのに。両腕に血のにじんだばんそうこう、鼻血をティッシュでおさえながら、重症のような姿で終了。

結果は胃も食道もキレイキレイ。ピロリ菌の結果は1週間後だけれど、おそらく大丈夫とのこと。次回いつ来るようにとも言われなかったので、次何かかかることがあったらその時聞いてみることにしましょう。

8時20分からで、9時過ぎにはお会計まで終了。思いのほか早く終わったので、「ジイバア」のお宅へ戻っておにぎりをいただいて、それから出勤。止まったと思うとぶり返す鼻血、こうなったら鼻にティッシュを詰めて、マスクをしてお仕事しましょう。

紅葉狩り中の「ネコジョシ」↓
f:id:hissya-blog:20161117160341j:plain
帰宅したらすぐにお迎えに来てくれた「ネコジョシ」。でもやっぱりちょっと不機嫌かしら…目を合わせてくれません。木登りが得意な「ネコジョシ」のお気に入りのもみじの木も、この通りキレイに色づいております。「ネコダンシ」運動音痴で木登りができません。ネコなのに。

しかしながら、今でも胸がつっかえる感じが続いております。お医者さんいわく、胃酸が出すぎかなーとのこと。たまには労ってあげないといけませんわね。何はともあれプリプリの食道と胃、今夜は久しぶりにお酒をいただくことにしましょう。

広告を非表示にする