読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆったりぼっち

おひとりさまワープアでも、お金にも時間にも気持ちにも余裕のある生活を願う

●登場人物●
「ワタクシ」:♀。30代独身、彼氏無し、友達2人、正社員ワープア、いつもクヨクヨ。趣味は園芸、読書、ネコ。
「ママ」:♀。天国にお住まいの大切なママ。
「ジイバア」:♂♀。90近い「ジイ」と「バア」。大切な祖父母。
「ネコジョシ」:♀。きかんぼおこりんぼで気の合う親友かつ妹のようなネコ。
「ネコダンシ」:♂。内弁慶でデリケートなハンサムネコ。
「ユズ」:?。「ジイバア」宅のセキセイインコさん。活発で食いしん坊。
「アジエサン」:♀。唯一の女友達。友達の多い活発なおしゃれ女子。
「ノーカクン」:♂。唯一の男友達。農家の跡取り息子。かなりテキトーなタイプ。
「シャチョー」:♂。雇い主。見た目も中身もヤクザのような、金持ちなのにケチな人。



メダカのお引越し

動物さん

本日は仕事の後大急ぎでジムへ飛んで行って、大好きな大相撲を見ながらテコテコモタモタと走ってきました。今のうちから運動をして、目指せピンピンコロリ。

2週間ほど前の話になりますが、可愛いメダカさん(→詳しくはコチラ)「ジイバア」のお宅へお引越しさせました。メダカはおチビの順に10匹選んで、タッパーに詰めこんでお引越し。車に揺られてドップンドップン、こぼすことなく無事に「ジイバア」のお宅に到着し、新しい水槽へドボーン。
もともと生き物が好きな「ジイ」。もともと生き物が嫌いな「バア」「バア」は我が家に来た時に、「あら?どなた?」と顔を出した「ネコジョシ」を見て、「この鼻黒ーっ、シッシッ、あっちさ行けー!」と、おっとばすほどの動物嫌い。「ネコジョシ」何もしてないのに…様子を見に顔を出しただけなのに。一方「ジイ」はイヌでもネコでも何でも好きなのだそう。
というわけで、メダカのチビ太10匹を見て、「ジイ」はしみじみと「メダカもめんこいなあ」。「バア」もまんざらでもない様子でチビ太を眺めています。お食事係は「バア」「ジイ」は毎朝メダカに「おはよう」と挨拶をして数を数えるのだそう。2人で老眼鏡をかけて、9匹?いや、10匹?と毎日数を確認してくれている。うんうん、安心しておチビを任せられそうです。良かった良かった、可愛いおチビさんたちをよろしくお願いしますね。みんな新しいおうちでノビノビと元気に大きく育ってください。

↓新居に移ったおチビのメダカたち↓
f:id:hissya-blog:20161115201321j:plain
「ジイバア」のお宅の茶の間の窓辺にメダカとシクラメン(→詳しくはコチラ)。いいね~癒しのコラボですこと~。

一方職場のメダカ、「ジャイコ」(→詳しくはコチラ)の夫がいなくなってしまいました。初代メダカのうちの1匹で、偉大なるお父さん。もしかしてお星さまになって、底に変わり果てた姿で横たわっていたりして…と探してみたけどいない。「ジャイコ」が絡まって衰弱死しかけてからネットを外したから、絡まるような場所もない。いない。いないわけがないのに、いない。
で、発覚
「シャチョー」の母親が勝手に持って行ってしまったのでした…。職場の後輩によると、「ワタクシ」が留守の間にやって来て、欲張って大きなメダカを全部持っていこうとしていたそうなんだけど、後輩が「ジャイコ」だけは残してくださいと言ってくれたのだそう。なぜ「シャチョー」の母親がメダカを盗んで行ったのかというと、この方、メダカキラーなのです。数カ月前に職場を訪れた際、メダカに興味津々。で、さっそく睡蓮鉢(高級品)をお買い上げして、高い大きなメダカを50匹買いましたとさ。そしたら毎日次々と死んでしまいましたとさ。そこで「ワタクシ」に何とかしろーと連絡が来て、わざわざ「シャチョー」の両親のお宅まで行って睡蓮鉢の掃除をしたりしたんだけど、全滅。その後お手頃なメダカを30匹購入、また全滅。なぜなの、なぜそんなに殺してしまうの。それにもめげずに20匹購入、ついでに職場のメダカを盗んで行ったのです。
怒りにふるえる「ワタクシ」
本当はその後盗まれたメダカが元気かとても気になるんだけど、死んだ話は聞きたくないなあ。でもその後盗みに来ていないところを見ると、今のところいくらかはメダカが生き残っているのでしょう。

明日は仕事帰りにまっすぐ「ジイバア」のお宅に泊まりに行って、明後日は朝から胃カメラです。うう、小心者ですもの、怖いなあ。

広告を非表示にする