ゆったりぼっち

おひとりさまワープアでも、お金にも時間にも気持ちにも余裕のある生活を願う

●登場人物●
「ワタクシ」:♀。30代独身、彼氏無し、友達2人、正社員ワープア、いつもクヨクヨ。趣味は園芸、読書、ネコ。
「ママ」:♀。天国にお住まいの大切なママ。
「ジイバア」:♂♀。90近い「ジイ」と「バア」。大切な祖父母。
「ネコジョシ」:♀。仮名。きかんぼおこりんぼで気の合う親友かつ妹のようなネコ。
「ネコダンシ」:♂。仮名。内弁慶でデリケートなハンサムネコ。
「インコサン」:?。仮名。「ジイバア」宅の二代目セキセイインコ。物静かなインコ。
「アジエサン」:♀。唯一の女友達。友達の多い活発なおしゃれ女子。
「ノーカクン」:♂。唯一の男友達。農家の跡取り息子。かなりテキトーなタイプ。
●過去●
「ユズ」:♂。「ジイバア」宅の初代セキセイインコ。懐っこくて元気。大空へ旅立ってしまいお別れ。
「シャチョー」:♂。前職場の雇い主。見た目も中身もヤクザのような。



退職へむけて

3月です。退職へのカウントダウンが始まりました。後任が来ません。月末と月始の書類に埋もれてピーピーしていた「ワタクシ」。隣の机でパソコンゲームをしながらアイスをしゃぶっていた「シャチョー」。いいなあアイス。食べたいなあアイス。欲しいなあアイス。この書類仕事を引き継ぐ相手がいないというのに、もしかして「シャチョー」は退職の話を忘れているのかしら!?とアヤシんでおりましたが、覚えていました。後任は、「オメーの職種は需要がないから要らん」だそうです。職種以外の仕事、たとえばこの埋もれるほどの書類仕事とか、その他諸々20行は書けるくらいの公私混同の仕事、誰がやるのです?ご子息ができるとお思いです?
思えば職種とはまったく関係ない「シャチョー」の私的な命令で、一家のために物置の組み立てや車庫の組み立て、ボートの組み立てまでやったことがありました…大変だったなあ…。何でもかんでも言われるままに良くやったなあ、と思っているのは自分だけ。労いの言葉ではなく、辞めて他に行く裏切者という冷たい目線を頂いております。

そして問題がもう一つ。この問題についてもグチグチ書いてみたのですが、長々と愚痴を書いても面白くないなと思い直してばっさり消しました。いつも面白くないと言われてしまえばそれまでですが、ブログを始めてからネタ探しに頭にアンテナが立つようになりまして、色んなことに気がつく機会が増えました。良いことです。読む人がいなくても、自分でインプットアウトプットするだけでも人生の経験値が増えています。

こちらの問題は悩むにも重すぎるので、週末は忘れたいと思います。

↓春発見、オオイヌノフグリ
f:id:hissya-blog:20170303210342j:plain
小さくて可愛いお花。小さい頃からなじみのあるお花です。心は荒れ模様ですが、世間は春近しですね。白目の出血もようやく少し小さくなってきました。肩もまだ痛みはありますが、以前のような強い痛みはありません。悪いことだけじゃない、日々こうして良いこともあります。

広告を非表示にする

家計簿

今日で2月もおしまいですね。早いですね。というわけで、癒しの音楽をかけ、美味しいお茶をすすりながら家計簿に取り組みました。家計簿は自家製エクセルです。レシートがたまらないうちになるべくちょこまかと記入しています。計算処理が入っていますので、月末は口座の明細の記入と年計に数値を入れる作業くらいです。

この家計簿、お気に入りです。最初はフリーソフトを使っていたのですが、項目がめんどくさかったり使いにくかったりしたので、エクセルで自作しました。項目はかなりおおざっぱ。月計では現金と口座にわけて合計が出るようにしたり、色々と自分の使い良いように…工夫しまして…人生初の…ああ、だめだわ、もう眠たくて仕方ない…。月末で仕事量5倍です。今日もお昼休みにろくに休めなくて、午後もワタワタと仕事しているうちに気がつけば17時半。一生懸命何かをしていると時間が経つのが早いのね…そして時間のわりに仕事が終わっていないのね…。すみません、つまり、自作のエクセル家計簿がとっても使いやすくて気に入っているよ、今月もちょっと娯楽費が多かったよ、ということです。来月は退職転職の色々でお金がかかりそうだなあ。園芸用品も買わなくちゃ。肩が治らないと重たい土が買えないぞ。

↓ますます開花が進んできた梅↓
f:id:hissya-blog:20170228201914j:plain
こちらの記事の写真と比べてみてくださいね(→詳しくはコチラ)。一週間でだいぶ咲いてきましたね。20時半ですが、寝ます。おやすみなさい。

広告を非表示にする

仲の悪いネコたち

はあ~お疲れ様です。お昼休みがいつもの半分+1時間半のお残業、月末ですもの。片頭痛がします。

でも家に帰れば可愛い可愛いニャンコたちがお出迎え!…ではなく、大喧嘩をしていました。「ネコジョシ」の白黒の毛があちこちに落ちていました。さては「ネコダンシ」に追いかけまわされてかじりつかれたのね。本当にもう、「ネコダンシ」「ネコジョシ」は仲が悪い。原因は「ネコダンシ」「ネコジョシ」は別に他のネコなんてかまわないんだけれど、内弁慶の「ネコダンシ」は家ではいじめっこ、お外に出ればいじめられっこ。お隣のギャングネコ「チーちゃん」にいじめられるため、そのうっぷんを「ネコジョシ」相手に発散します。もともと「ネコダンシ」が先輩で、お隣の土間で生まれた「ネコジョシ」がいつの間にか当時誰も使っていなかった我が家の2階にそっと入り込んで暮らし始めました。ですので「ネコジョシ」は1階におりると今でも気をつかってそそくさと逃げていきます。

ですが。しかし。数年に一度あるかないかの奇跡が起こりました。それがコチラ。

↓同じベッドの上で寝るネコたち↓
f:id:hissya-blog:20170227201506j:plain
1匹お布団の中、1匹お布団の上ということはよくありますが、2匹が同じお布団を分かち合うのは相当珍しいのです。こんなふうに並んで寝るなんて、最後に見たのは4年前くらいかしら。たいてい「ネコダンシ」「ネコジョシ」をおっ飛ばして場所を取ってしまうのですが、今回はこれ以上喧嘩をしないように「ワタクシ」が見張っておりましたので、「ネコダンシ」はしぶしぶ端へ。でも耳を倒してご不満そうね。
そして「ネコジョシ」のお顔、相当嫌そう。ものすごく嫌そう。険しい。怖い。
そんなわけで、写真を撮った直後に「ネコジョシ」は逃げ出しまして、この奇跡は数分間しか続きませんでした。やっぱり仲良くはできないのね。

忙しい月末と月始め、明日も頑張ります。

広告を非表示にする

シティマグ

今日は剪定をしました。と言っても剪定の時期じゃありませんね。正しくは「バラとアジサイの枯れた枝を落とした」です。左腕が上がらないので右手をうんと伸ばしてジョキジョキやりまして、頭に枝がバラバラと降ってきました。切るのはいいんだけど片づけが大変。ずいぶんとスッキリしました。こんなに枯れるまでほっておいてごめんなさい。

さて、先日スタバのシティタンブラー(→詳しくはコチラ)について書きましたが、今度はシティマグのご紹介です。タンブラーは国内、マグは海外というルールで集めました。タンブラーは断捨離の一環で処分しましたが、マグは捨てられない。そうそう買えるものでもありませんから。やたらと大きいので、マグとして使わずにおたまやしゃもじがささっています。

↓スタバの地域限定マグカップ↓
f:id:hissya-blog:20170226175136j:plain
シドニー、セブ(フィリピン)、パリ&ロンドン、韓国、サバ(マレーシア)です。海外に行ってるなんてお貧乏じゃないじゃないの、と思われるかもしれませんが、若かりし頃は必至で働き必死で節約、安い時期に格安弾丸ツアーで行ったのですよ。今もまだ行きたい気持ちはたっぷりありますので、転職で有給休暇らしきものを手に入れる今年、「アジエサン」と一緒にどこかに行けるようにまめまめしく貯金しましょう。ハワイとかいいな…プーケットとかバリ島とか…宝くじでも当たったらタヒチとかモルディブね…嗚呼、想像するだけでワクワク。

今週にはもう3月に入るのですね。後任の募集まだかなあ。いざ退職が迫ってくると、なんだかドキドキしてきます。

広告を非表示にする

オリヅルラン - 頂き物

今日はジムです。左腕は動かさないようにして、のんびりモタモタトレッドミルでウォーキング。帰宅後は洗濯してお布団を干して掃除機をかけて、「ママ」のお仏壇の大掃除をして庭木の枯れたところを落として、結構忙しい。ひとりなのにね。痛い痛いイヤアーなどと言っているうちに、肩の痛みは確実に良くなってきています。白目の出血の方はまったく良くなりません。ゾンビみたいな目の自分の顔にもすっかり慣れてしまいました。

先日サクラソウ(→詳しくはコチラ)をいただいて小躍りしたばかりですが、嬉しいことに、今度は別なお客様からオリヅルランをいただきました!!ありがとうございます!!お客様のお宅を訪問した時に、たくさん株分けしたオリヅルランがありました。そういえば「ママ」が何鉢も育てていたのに、遺品整理のどさくさにまぎれていつの間にかなくなってしまったオリヅルラン。きっと枯らして捨てたのかなあ。「我が家にもあったのにダメにしちゃったんですよ~随分とお上手にお世話されてますね」とお話したところ、旦那さんが植物をいじるのが大好きなのだそう。こんなに増やして!(多分10鉢くらい)とお怒りの奥様。良かったら持って行っていいよ、と、3鉢もくださいました。大事に育てます。水苔に植えてあるから、暖かくなったら土に植え替えしないとね。

↓いただきもののオリヅルラン3鉢↓
f:id:hissya-blog:20170225200644j:plain
オリヅルランと一緒に新しい家族が増えました。ポインコ兄弟(→詳しくはweb)です。ポインコも春バージョン、お花持ってるね(片っぽはお団子)。毎年のようにスマホを壊す「シャチョー」一家。今回は、奥様がお風呂でスマホを湯船に落としたまま2時間ほど眠っていたということで、新しいスマホを購入しました。もちろん何もかも法人名義ですので、社員の「ワタクシ」が書類をあれこれ書きまして、ドコモの店員さんにポインコストラップをいただきました。まずお風呂にスマホを持ち込むことに驚く。次にお風呂で2時間眠ることに驚く。「シャチョー」一家はいつもいつもいつもいつも、暇さえあれば全員スマホのゲームをいじっております。外食中も会話なくみんなひたすらスマホ「ワタクシ」から見るとどうも異様な感じがするんだけど、今の人たちはこれが普通なのかしら。お風呂の中でまでゲームするものなのかしら。「ワタクシ」スマホはまもなく4年になりますが、まだ充電が10日は持ちますのよ。だって使わないんだもの。使いたくないんだもの。

最近こんなに鉢植えをいただいて、幸運続きです。遠慮知らず、と言った方が正確かしら。Miltassia Charles M. Fitch という品種の蘭が欲しいんだけど、通販で探しても見つからないのです。蘭好きだなあ。

広告を非表示にする

「ユズ」2カ月

嬉しい金曜の夜です。腱板損傷は、3週間のテーピングと言われたのに、4日目ですでに真っ赤になりヒリヒリ痛痒くなりまして、あえなく断念です。心もお肌もデリケートだこと。テーピングしないとやっぱり痛いのよ。

さて、本日24日、セキセイインコ「ユズ」が来て2カ月になりました。生後3カ月です。まだ2カ月しか経っていなかったっけ…というくらいすっかり家族の一員です。

この1カ月での成長ぶり。
一つ、男の子だと判明。
一つ、夜になるとご機嫌。昼間はピーともキーとも言わないのに、夜7時を過ぎるとご機嫌に。頭を振ってピヨピヨモゴモゴとお歌をうたい、鈴をチリンとつついて自分で伴奏をつけています。
一つ、放鳥中に自分でカゴに帰れるようになった。お腹が空くとケージに戻ってご飯を食べています。そしてまた遊びに出てきます。
一つ、低空飛行になった。以前は天井近く飛び回ってほこりを落としていました。今は「ジイ」「バア」「ワタクシ」の肩から頭へと飛び回っています。
一つ、演歌好き。演歌が流れると歌いだします。

↓すっかり手乗りの「ユズ」↓
f:id:hissya-blog:20170224204124j:plain
何だか極悪インコみたい…ラスボスのような姿に写ってしまいました。

昨日スーパーの荷物を抱えて「ジイバア」宅の階段をのぼっていたら、家の中から「いてー!かじんなこのー!」「ピョエー!」と、「バア」「ユズ」が喧嘩している声が聞こえてきました。ばーちゃん外までケンカが聞こえてるよ。「だって「ユズ」がー!」「ピョエー!」と、また喧嘩。最近の「ユズ」「ジイバア」の耳や手の皮をかじってひっぱる遊びが楽しいみたいです。かじるだけじゃない、ひっぱる。やるわね。

夕ご飯の後、「バア」のために演歌のDVDをかけておきました。台所でお皿を洗い終えてお茶の間に戻ったところ、「さよ~な~らさよ~なら~好きになった人~♪」「ピョイピョイピョーイ♪」と、「バア」「ユズ」が一緒に演歌を歌っていました。なんてほほえましいの、なんて平和なの。思わず涙を我慢した「ワタクシ」。こんな幸せなシーンを見られて嬉しい一方、いつ失ってもおかしくない儚い幸せだということも重々にわかっております。「ママ」のこともあったし、「ジイバア」の年齢もありますもの。この穏やかで平和で幸せな日常が、1日でも長く続きますように。

広告を非表示にする

シンビジューム - 花数

本日も結膜下出血は変化なしで赤いお目目。日に日に出血部分が大きくなっているのですが。左肩はテーピングを貼りかえてもらいました。自分では見えませんが、腫れと内出血があるそうです。全治1カ月+筋萎縮の予報です。「シャチョー」に「オメー、一生ダンベル持てねーぞ。どうするつもりだ?」と真顔で聞かれましたが、ダンベルを持つ予定はもともとございません。でも重い植木鉢などを持てないと困ります。リハビリを開始したら頑張りましょう。

そんな暗い話は忘れて、明るい話題を書きましょう。今季のシンビジューム花数選手権です。我が家のシンビジューム、現在、開花株が5鉢、お蕾株が2鉢です。本当だったらもう1鉢ありましたが、花芽をポッキリやってしまいました…せっかく花芽をつけてくれたっていうのに、育て主がおっちょこちょいをやらかしてダメにしました。ごめんなさい。

優勝株はこちらです。

↓花数最多のシンビジューム↓

f:id:hissya-blog:20170222200050j:plain
今年のお花の最高数は、20個でした。それも支柱なしでこれだけスックと立っています。お見事です。カッコイイです。さぞお花が重いだろうに、凛としています。この株は一昨年株分けをしたのですが、株分けをした相方が準優勝で花数18個でした。花数が多いと1つ1つのお花は小さめ。パッと全開には開かず、丸っこいお花をつけております。これはこれで可愛らしいですこと。お花たちがみんなで顔を寄せ合って、「咲いたよ!」「咲いたね!」「咲いたのよ!」とお話しているみたい。一番最初にお花を咲かせた株(→詳しくはコチラ)はそろそろ株のために切り花にしないといけないのですが、切り花にするとお花の寿命が短くなってしまうのでなかなか切れません。来月頭には切らなくちゃね、株のためだもの。

お次にやってくるのはデンドロビュームの開花シーズン。デンドロさんも可愛らしくて好きなお花の一つです。

広告を非表示にする

野鳥さん

猛烈な風ですね、木造の古い我が家はガタガタユサユサしております。今日は白目の出血は残念ながら変化なし。左肩の腱板損傷は、テーピングのおかげ+おそるおそる動いているのでだいぶマシに感じます。痛いですけれどもね。

わが家は田舎です。一家そろってイナカッペですのよ。どちらをむいてもお山ですもの。そんなわが家でのお昼の楽しみ、それは野鳥です。もともと「ママ」が生き物は何でも好きでしたので、わが家は昔から野鳥さんにわるくなってきたリンゴやみかん、古い玄米をあげておりました。田舎ではこういうことは多いのですよ、八百屋さんなんて木にたくさんみかんをさしておりますもの。都会でやったらカラスで大変なことになっちゃうね。

で、「ワタクシ」の代になってすっかりお貧乏になりましたが、古い玄米はたくさんありますので、パラッとおすそ分け。あとは「ママ」にお供えしている毎日のご飯、同じくお供えものの古くなったリンゴやオレンジなどをおすそ分け。果物は野鳥さんたちに大人気なんだけれど、なかなかあげられないのです。普段は玄米です。

というわけで、お昼に帰宅したら少しばっかり玄米をまきます。そうすると、「ワタクシ」がお昼の食卓につく頃にはちょうど野鳥の皆さんのお昼ご飯の姿を見ることができます。

まずスズメ。安定出現率のかわいい雀さんたちです。かなりの慎重派でして、集団で木の枝を一段一段おりてきて、集団でパッと地面に舞い降ります。みんなであちこちつついて、集団でパッと逃げます。

次、ヒヨドリ。食いしん坊のやんちゃ坊主。同種であってもケンカをして、必ず独り占めしてお食事をします。お食事の用意ができるとすぐに飛んできて食い散らかします。みんなムチムチでまんまるこ。そして春先、お花が咲くとお花をむしって食い散らかします。

次、ハトポッポ。こちらはつがいのご夫婦でして、このブログにも何度か登場したことがあります。こちらのご夫婦はとっても仲良し。いつも桜の木に一緒に止まっています。旦那様が男前でして、夫婦でポッポと地面をついばんでいるところにヒヨドリが来ると、たちまち旦那様が戦いに出向いて追い払います。いいなあ、ステキな旦那様。欲しいなあ。

次、ヤマガラ。2度ほど見ました。見たことのない鳥だったので調べてみたところ、種類が判明。日々勉強です。

そしてメジロ。可愛い可愛いメジロさん。今季は一度しか見てないのですが、炊飯器にこびりついたご飯をまきにお外に出たところ、すぐ後ろにいました。すぐ近くで見ることができましたよ。お抹茶色の身体に白くふちどりされたお目目、そして頭でっかちで身体が小さい。可愛い。可愛いのよ。その後、きかんぼのヒヨドリに追い払われてしまいました。よくも。

最後、「ネコジョシ」。小鳥さんたちを狙って、松の木の下に隠れて目をギラギラさせている「ネコジョシ」の姿も観察できます。「おかしいわね…アタシこんなに上手に隠れているのに、どうして小鳥が来ないのかしら…」と上を見上げてキョロキョロしています。まず「ネコジョシ」は身体が大きいので目立っています。そして白黒のピカピカの毛皮でますます目立っています。こんなに大きなネコがエサの近くにいたら、小鳥も気づくと思います。

↓桜の木の上の鳩ポッポ夫婦↓
f:id:hissya-blog:20170221195730j:plain
分かりづらいですか、よく見るとご夫婦で写っています。

こんな冬の楽しみですが、あとひと月もすれば色々なお花が咲き始め、野鳥さんたちともお別れです。お別れは寂しいけれど、野鳥さんたちはお花の蜜のような美味しい物をたくさん食べられるようになりますね。今年も花粉症になりませんように。

広告を非表示にする

腱板損傷

昨夜はグーカグーカ寝ているうちに細胞たちに頑張って身体を治してもらえるよう、早めに就寝しました。身体が痛い時にネコを2匹抱えて寝るのも大変な事です。
今朝起きましたら、左目の結膜下出血はもやーっと広がっていまして、ますますゾンビです。でもこうやって散れて治っていくのでしょう。目が小さいのは自覚していますが、お客様が誰一人真っ赤なお目目のことを突っ込んでこなかったので、相当目が小さいのでしょう。
一方筋肉痛はかなり良くなっていまして、同じ身体とはいえ頑張ってくれた細胞たちに感謝しきりです。しかし、肩ね、肩。左肩が痛いのよ。自力では上がりませんの。ハンドルを握るのも一苦労、右折が大変。でも仕事。痛いのを我慢しいしい午前中は嫌な汗をかきながら仕事をしましたが、お昼前仕事がひけたところで事情を説明しました。「シャチョー」いわく、「腱板損傷だーガハハ。いてーぞーガハハ。長くかかるぞーガハハ。」いちいち「ガハハ」が入ったところが気になりますが、言われてみれば腱板損傷の症状そのものでした。冷却と安静が一番です。心だけでなくお肌もデリケートなため、シップを貼ることができません。今日も職場でシップを貼ってから運転したところ、信号1つ進んだところでビリビリしてきて真っ赤になりました。どうにもこうにも痛むので、人生で初めてテーピングをしてもらいました。そして職場の冷却ジェルをお借りしてきました。今、右半身はストーブでポカポカ、左半身は冷却ジェルで冷え冷えになっております。

↓開花し始めた梅の花↓
f:id:hissya-blog:20170220201217j:plain
自宅のお庭でを発見しました。「ワタクシ」の沈む心とは反対にウキウキしている梅の姿です。つぼみもムチムチしてる。毎朝寒いと感じるけれど、ちゃんと春が近づいているんだなあ。植物はちゃんとわかっているんだなあ。

色々と不便ですが、早く治して春に備えましょう。転職の準備とか園芸の準備とか、色々やることがたくさんです。

広告を非表示にする

スノボ今季2回目

昨日行ってまいりました、今季2回目のスノボです。行く間中そわそわ…もはやスノボは恐怖。一日券を買いたいという「ノーカクン」を拒絶し、3時間券にしてもらいました。

で、結論から申しますと、回転しながら吹っ飛びました。ただ今左目の白目が出血で赤く染まっております。テレビで見たことがある「殴られた芸能人」の姿と同じ状態。左腕も肩が痛くてあがりません。今日は洗濯物を干すのが大変でした。シャンプーにいたっては、もうジタバタしながら右手一本で洗いました。おとなしく寝ていようかと思いましたが、寝返りもしんどいので座っている方が楽ちんです。

雪が前回と違ってかたくてザリザリしていまして、スピードが出ちゃう止められない曲がれない転ぶと痛い。やっぱり雪はフカフカであるべき。今回行ったスキー場は「初心者向き!」と書いてありながらどこを通っても中級コースが避けられず、「ワタクシ」は中級コースのかたいバーンで吹っ飛びました。いつもなら素通りしていく「ノーカクン」が慌てて「大丈夫か?」と声をかけにきたほどの吹っ飛びよう。帽子は数メートル吹っ飛んでいきましたよ。板ごと回転して転がりましたよ。どうも左の頭側から転がったようで、左のまぶたと左の白目から出血し、左肩と左の脚を打撲しているみたいです。転んだ時には痛くてがドバー。頭もぶつけたから、もしかして朝目覚めないんじゃないかと思い用意周到にして寝ましたが、今朝無事に目を覚ましました。
苦手な方向のターンで転びましたが、スピードが出ていたのも悪いのです。その後はほぼ一時停止をしながらターンに挑みまして、まあそれでも曲がれなくて転ぶけれど、無事に終えました。速度出すのはダメね、反省。ターンがなかなかまわれないので、斜面が急だともたついている間に速度が出てしまいます。下手な自分が悪いのです。
そして昨日より今日が痛い…明日の仕事に支障が出そう。お給料をもらっている身なのに、ちゃんと自分の業務をこなさなければ。加えて接客業なのにこのお目目。ゾンビみたい。いくら目が小さいとはいえ、目立つなあ。

しかしまあ、骨折脱臼せずにこの程度で済んだことに感謝しましょう。

↓スキー場の帰り道↓
f:id:hissya-blog:20170219164431j:plain
こうやって見るとフカフカしていそうだけれど、実際は雪がザリザリに凍り付いていました。「ノーカクン」には誕生日とバレンタインを兼ねて、昨年のビスコに続いて今年はアンパンマンのペロペロチョコレートをプレゼントしました。無言で受け取っていましたので、きっとそのまま車の中に放置されていることでしょう。

身体が治るまでは仕事も倍しんどいでしょうが、自業自得です。寝るのもしんどいけれど、早めに寝ます。明日には全快!元気にお仕事!…とはいかないだろうなあ。

広告を非表示にする