ゆったりぼっち

おひとりさまワープアでも、お金も時間も気持ちもゆったり暮らしたいのです

●登場人物●
「ワタクシ」:♀。30代独身、彼氏無し、友達2人、正社員ワープア、いつもクヨクヨ。趣味は園芸、読書、ネコ。
「ママ」:♀。天国にお住まいの大切なママ。
「ジイバア」:♂♀。90近い「ジイ」と「バア」。大切な祖父母。
「ネコジョシ」:♀。仮名。きかんぼおこりんぼで気の合う親友かつ妹のようなネコ。
「ネコダンシ」:♂。仮名。内弁慶でデリケートなハンサムネコ。
「インコサン」:?。仮名。「ジイバア」宅の二代目セキセイインコ。個性派の予感。
「アジエサン」:♀。唯一の女友達。友達の多い活発なおしゃれ女子。
「ノーカクン」:♂。唯一の男友達。農家の跡取り息子。かなりテキトーなタイプ。
●過去●
「ユズ」:♂。「ジイバア」宅の初代セキセイインコ。懐っこくて元気。大空へ旅立ってしまいお別れ。
「シャチョー」:♂。前職場の雇い主。見た目も中身もヤクザのような。



オトナインコ

今日はお昼に「ジイバア」宅に行ってきました。「ジイ」のお顔は治ってきましたが、右腕が上がらない様子。これって、去年スノボで吹っ飛んで転がってでんぐり回った時の、あのケガ(→詳しくはコチラ)と同じでは。

今日も「インコサン」は「ジーチャンッ!」としゃべっていました。すっかり家族の顔をしていて、カゴを開ければ手にピョコンと飛び乗ります。
そして最近、手の上でお尻を振ります。お尻振ります。振ります。すごく振ります。
・・・カワイイ・・・ッ!
インコのフラダンスみたい!盛り上がる「バア」「ワタクシ」
このお尻フリフリ、気になったので調べてみました。そしたら発情期ですって…がーん。
飼い主が親にもならないうちに、親になれそうもないのに、飼いインコが親になれるほど成長していました。えーやだよー子どもでいてよー、と、子離れできない親のような気持ち。

しかし1羽飼いですから、発情したって仕方がない。やたらめったら発情しているのはインコの健康にもよくないそうです。では対策はと言いますと、早寝と寒さが良いそうです。しかし部屋を寒くすると「ジイバア」も一緒に凍えてしまいますから、早寝をさせましょう。19時になったらカゴにすっぽりとバスタオルをかぶせるようにしました。カゴの中で「オッヒョー!」と苦情を申し立てていますが、インコの健康のためです。

しかし、今日も放鳥したところ、「ワタクシ」に一直線、「おねいさーん!」とまっしぐらに飛んできました。腕の上をちょこまかしながら「恋してます!恋してます!」と顔を振ってアピール。しかし、残念ながら恋のお相手はお姉さん(=「ワタクシ」)本体ではなく、お手々なのです。指なのです。指の爪がクチバシみたいだからかな?手の上にどっかと乗り、「オヒョロロ、オヒョロロロロー」と、口説きにかかります。「自分、ワンルームのマイホーム持ってます!自分、鈴を鳴らすのがお上手です!」などと言っていると思われます。で、ご自慢の水色の羽毛をブワブワに膨らませ、お尻フリフリダンスが始まるわけです。そうなったらすかさずカゴに戻します。「ワタクシ」にフラれると、次は「バア」のお手々にすぐに恋をします。なんて移り気なオトコ。一途にならないとモテないぞ。「ワタクシ」は一途でもモテないけど。

↓お迎え当日、恐怖でかたまる「インコサン」↓
f:id:hissya-blog:20180221194542j:plain
小さくてビクビクしてご飯も食べずにかたまっていた「インコサン」。この日から家族になり、そして大人になりました。
まだまだこれからも、一緒に楽しい思い出をたくさんつくりましょう!「ジイバア」「インコサン」も、もちろん「ワタクシ」も、みんな元気でまだまだたくさんの時間を一緒に過ごしたいと思います。

広告を非表示にする

Amazon退会

五輪メダルに沸いておりますね。「ワタクシ」も沸いております。選手の頑張りにやる気をもらい、昨日テレビを前に慣れない筋トレなどをして、今日はひどい筋肉痛です。ものすごいガニ股で歩いています。このやる気が1カ月も続けば痩せそうなんだけど。

昨日、思い立ってAmazonを退会しました。正確にいうと、「アカウントの閉鎖」というそうです。いや、もちろん、Amazonは無くてはならないものなんですよ。でも、今見返すとお金を捨てたも同然のお買物もあります。これではダメだ、目指せかっこいい「シンプルライフ」。余計なお買物はしないように、クリーンなアカウントにすべく、退会しました。ちなみにこれで3回目の退会。来月以降に再登録するつもりです。

しかし、Kindle欲しい、欲しくなっちゃったよ。図書館に行くのも面倒だし、そもそも近い図書館の品ぞろえも悪いし、モノは増やしたくないし、Kindle良いんでない?さらに、プライム会員である程度無料で読め、さらにはKindle Unlimitedというものだと、定額制で読み放題らしいですよ。ウハ、良いんでないの、読み放題、なんて魅力的。という訳で、どんな本があるのか調べてみたんですが、あんまり読みたい本が入っていませんでした。漫画読まないしなあ。迷うなあ。

というわけで、一度退会して、Kindleについても落ち着いてよーく考えてみたいと思います。

↓頂き物の苺のケーキ2種類↓
f:id:hissya-blog:20180219194835j:plain
ネコさんマグカップ(→詳しくはコチラ)からは湯気が上がっております。最近コーヒーだけでなく、紅茶もよく飲んでいます。
あら、ちょっと待って、なぜケーキ?
実は「ノーカクン」からいただきました。まさか、親からの「お嫁をもらえ」のプレッシャーに耐えかねて、ケーキをエサに嫁に来いと言われるのではないかと恐怖におののきましたが、そんなことはありませんでした。何かイベントごとがあって、そこで買ったそうです。昨年の「ノーカクン」のお誕生日にはアンパンマンチョコをあげ、今年のお誕生日にはカカオ分88%の苦い苦いチョコをあげ、その際に「今まで一度もお返しもらってないんですけどー」とネチッと言ったのが功をなしたようです。お返しも何も、「ノーカクン」「ワタクシ」の誕生日など覚えているはずがないのです。長年友達をやっておりますが、ケーキをくれたなんて初めて。痩せたいんだけど、せっかくもらったんだし、美味しくいただきました。

どれ、痩せよう。

広告を非表示にする

インコの気遣い

「ジイ」のケガがあった一週間。メンタルの弱い飼い主を励ましてくれるネコたちについて書きましたが(→詳しくはコチラ)「インコサン」だって負けておりません。

「ジイ」は耳がすんごく遠いんです。「バア」の声だけは通常ボリュームで聞き取れますが、「ワタクシ」などは大声を出さないと聞こえないのです。そんなわけで病院騒ぎのあった水曜日(→詳しくはコチラ)、病院に行かないと言い張る「ジイ」を相手に、「ワタクシ」「バア」で「じーちゃん病院に行かなくちゃダメ!!」と大きな声を出していたわけです。ニンゲンに興味がないフリをしている「インコサン」ですが、いったい何事かと聞き耳を立てていたようです。「ジーチャン」という言葉を覚えてしまいました。

「バア」が言うには木曜日から「ジーチャン、ジーチャン」と話し始めたそうです。

そんなわけで、昨日金曜日、我らが「ジイ」
「バア」:「じいちゃんっ!」
「ワタクシ」:「じーちゃんっ!」
「インコサン」:「ジーチャンッ!」
と、3人(2人+1羽)に大きな声で怒られる運びとなりました。だって病院行かないんだもの、だって冷却も嫌だ(何故嫌なのかしら)って言うんだもの。

↓すっかり家族の仲間入りをした「インコサン」↓
f:id:hissya-blog:20180217180141j:plain
一緒に心配してくれてアリガト。みんなの心配を受けて、「ジイ」のケガがこのまま回復してくれますように。

広告を非表示にする

ネコの気遣い

「ジイ」のケガ以来心労たっぷりのここ数日。寝てるんだか寝てないんだかよくわからない夜を過ごしております。相変わらず病院は断固拒否ですが、今日「ジイバア」宅に行ったところ、まぶたの腫れは少しひけて、うっすら目が開くようになってきました。

「ネコダンシ」はあんまり「ワタクシ」の部屋に来ません。たまにお昼寝をしに来る程度。だって「ワタクシ」の自室=「ネコジョシ」の自室ですからね。2匹で仲が悪いものですから、「ネコダンシ」はたいていこたつの中で長々とノビて寝ています。

しかし年に数日、「ワタクシ」のお布団に寝に来ることがあります。例えばお隣のギャングネコ「チーちゃん」(♀、高齢)と遭遇した時。こてんぱんにやっつけられたショックで寝込みます。「ネコダンシ」は何かつらいことがあると寝にやって来るわけです。

そしてもう一つ、飼い主の異変を察知した時。「ママ」が具合が悪かったりすると、そばにそっと寄り添って寝ていました。「ママ」亡き今、「ワタクシ」の心労を敏感に察知した「ネコダンシ」「ジイ」の病院騒ぎがあった水曜日(→詳しくはコチラ)、夜中にそっと足元に丸くなるネコの姿が。お布団の中には毎晩「ネコジョシ」、そして足元には珍しい「ネコダンシ」。2匹のネコに寄り添ってもらい、眠れぬ夜を過ごしました。「ネコダンシ」ってば神通力でもあるのかしら。昨年亡くなった「イヌ」も、具合が悪くなってからよく「ネコダンシ」がそばにくっついていました。

普段は内弁慶で意地悪をするネコですが、実は小心者で、優しい男の子なのです。喜怒哀楽がハッキリしたきかんぼな「ネコジョシ」も可愛いですが、強いフリして実はとってもデリケートな「ネコダンシ」も可愛いのです。

↓今夜も寄り添ってくれる「ネコダンシ」↓
f:id:hissya-blog:20180216191232j:plain
今夜も早々と寝仕度をしています。
なーんでカメラむけると嫌な顔するのかなー実物はもっとハンサムなのに!

まだまだ「ジイ」のケガの心配は続きます。いつものように「週末だー!!」という喜びがわきませんが、自分が弱って風邪をひいたりしないように気を付けないと。いつものように掃除に精を出して、元気をつけたいと思います。

広告を非表示にする

「ジイ」のケガ

昨日「バア」から、「ジイ」転んだらしい、と電話がありました。「バア」がデイサービスから帰宅したところ、右目のまぶたが腫れあがって頭に傷のある「ジイ」の姿。ところが「ジイ」頑固一徹「ママ」も亡くなった叔父も同じ性格なのですが、誰かに心配をかけるのが大嫌いなタイプ。何事も我慢、痛くても苦しくても誰にも言わないから病気が悪化してしまう。という訳で、「ジイ」は転んだ詳細は語らず、病院も拒否。「痛くない何ともない」の一点張りで困り果てた「バア」が電話をよこしたわけです。

ですので今日、午前中の仕事を急いで終わらせて「ジイバア」宅へ。いつも6時に起床して規則正しく暮らしている「ジイ」が、11時にようやくパジャマで出てきました。これはもう、相当ひどいに違いない。見れば頭頂部に10センチほどの打ち身出血。右目の周りも青紫になり、右目のまぶたはパンパンに腫れあがり目がまったく開かない状態。相当強く頭をぶったみたい。

しかし「ジイ」、病院には行かない、痛くもないし目も見える、と言い張る。嘘ばっかり。しきりに頭にタオルを当てているし、目が開かないのに見えるはずないでしょ。何が何でも連れて行かなければ。パジャマのままでも連れていく!とすったもんだすること20分、ようやくごねる「ジイ」を車に押し込んで、連れ出しました。

しかし、どこへ行ったらいいものか、まずは「バア」かかりつけの整形外科へ。ところがどっこい、受付で「うちでは診られません」とお断り。頭のけがは診ないそうで。じゃあかかりつけに行って、そこでダメなら紹介状を書いてもらおう。
受付時間ギリギリでかかりつけに到着。どっこいどっこい、これまた受付で「うちでは診られません」とのこと。診られないから紹介状も書けません、自分でどこか病院を探してください、と言われました。脳神経外科に行くようにとのことでした。

で、脳外科を探して電話。田舎だから脳外科なんて2つしかありません。
またまたどっこいどっこい、脳外科にケガの状況を説明したものの、「今日は脳の検査の機械が予約でいっぱいなので、明日以降に来てください」だそうで。「明日まで待てないのなら他の病院へどうぞ」とも言われました。でももう1つの脳外科の病院は、水曜はお休みでした。電話した脳外科も紹介状があれば今日診てくれたそうだけど、かかりつけで書いてくれないし。「容体が悪化したら救急車を呼んでください」と言われてお終いとなりました。それじゃ遅いんだけどな。

こうなったら「ジイ」、もう絶対に行かない、それで死んでもかまわないと言い始めました。助かるもの助からない、助けられるものも助けられない。どうしようもないです。

遠方に住む叔母には電話で事情を伝えておきました。

かかりたい時にかかれない病院なんて無くても同じだわ!と心の中で憤慨。専門医にかかるようにと言われたって、専門病院だって拒否するんだもの。病院の方で患者を選ぶ時代なのですね、どこの病院も「他へ行って」と言ってくる。運を天に任せて、脳にダメージがないことを祈るのみです。頭部打撲ってジワジワくることも多いんだよね、数日、数週間、数か月後に出ることだってある。しかし、今日診てくれるところがないし、「ジイ」はもう絶対に病院に行かないって言うし、孫はお手上げです。孫の方も頭が痛くなりました。

ちなみに「バア」は数年前に急激な腹痛で救急車で運ばれたことがあるのですが、その時も救急救命のある公立の病院からは拒否されて、他の病院にまわされました。で、その病院の誤診の結果、翌日意識不明となり、結局拒否された病院にまわされ、8時間近い手術の後2週間生死の境をさまよいました。その悪夢が思い返されます。悪夢がよみがえりませんように。

↓車内に迷い込んだてんとう虫↓
f:id:hissya-blog:20180214175258j:plain
よーく探してみてね。愛車「デミコ」の車内にポチリと小さなてんとう虫がいます。春が近いね…の前に、いったいどこから入ったのかしら!?!?救出せねば!ボールペンでお外へと助け出しました。元気に春を迎えておくれ。

ひとりで何でもやるしかないですが、こういう時、しみじみ「ママ」がいてくれたらなあと思うのです。誰かの助けが欲しい時もあります。「ママ」がお空へと旅立って間もなく5年になります。涙を流すことは随分と減りましたが、こういう時には、ついつい「ママ」のお仏壇の前で涙がこぼれてしまいます。

広告を非表示にする

ダイエット

今日は祝日でございますか、そうでございますか、世の中三連休でございましたか。クサクサした気分でお仕事に行ってきました。朝は道路がガラガラ、昼間は家族連れやアベックの車がたくさん。いいないいな、おデートいいな。こちらは仕事だと言うのに、みんな別れてしまえ!!…なんては思いませんよ、いつか「ワタクシ」も殿方の助手席に乗るんだ、おデートするんだ、いつか、いつか。

と、うらやましげにアベックを見つめながら車の中でお菓子を食べて運転していたわけです。ポロポロとこぼしていたわけです。

で、信号待ちの時に思い出しましたが、自分、痩せたいのでした。お菓子食べてる場合じゃないんだけど、お客様にいただいたので、ついつい、ね。

痩せたい(願望)→痩せよう(思い立ち)→痩せるぞ(決意)と順調に思考は進みまして、「48キロになる」という美しい目標を立てました。

しかし、「痩せなければ(義務)」となるとたちまちできなくなる根性なしなものですから、ゆるく進めたいと思います。

まず一番簡単に、夕ご飯は早めに食べる。寝る時間が早いものですから、食べた分をなるべく消化して活動するべく、夕方帰宅したらすぐにご飯にしましょう。
あとはもう少し気温が上がってきたら、夜にも大掃除お片付け断捨離を進めたいと思います。夜に動く動く、ジムに行かなくても家で動くべし。家もキレイになるし痩せるし、これはこれはなんてステキな思いつき。普段夜はパソコンの前に腰かけると根っこが生えてしまいますので、もうちょっと暖かくなったら、がんばりましょう。断熱材の入っていない我が家の室内はお外と同じ氷点下ですからね。

今のところ思いつくゆるい方法はこれくらいです。これくらいで痩せるのかしら、いいえ、痩せないでしょう。他には週2回のジム、あとはあとは、無駄に動き回って家事をするとか、踊りでも踊ってみるとか、何でもいいから動こう。

↓今年もお花を咲かせたシクラメン
f:id:hissya-blog:20180212194446j:plain
夏越したシクラメン(→詳しくはコチラ)が続々とお花をつけ始めました。夏の間休眠させなかったので、開花が遅くなりました。日当たりの良い「ジイバア」宅の茶の間に引っ越しております。「ワタクシ」もお花のように可憐に美しく、とはいきませんが、いつかきっと来たる未来の夫のために、そして健康的な老後のために、体重を落としたいと思います。

広告を非表示にする

週末お片付け

来た。来た来た。金曜の夜が来たあー!!週末、2日間もお休みがある!
ですが、世の中は三連休なのですね。働き蜂の「ワタクシ」は祝日は働きます。

今週末は、気合を入れて、身辺整理とお掃除(→詳しくはコチラ)を進めたいと思います。いえ、訂正します。今週末は身辺整理のみを進めます。お掃除は延期。だって雑巾を絞るお水が冷たいんですもの。

お片付けや大掃除はが良いですね。夏は虫が多く出ます。冬はお水が冷たいです。そんな言い訳をしているから進まないわけですが、家をまるごと「身辺整理×大掃除」するのは、今年中に終わらせることが目標です。遠くて長い目標です。

ですから大掃除は春になったら再開しましょう。まずは片づけ、断捨離、身辺整理、もう何とでも言って。

↓話題の断捨離本と「ネコジョシ」↓
f:id:hissya-blog:20180209202344j:plain
古本で買いました。読みました。断捨離本はドミニック・ローホーの本が好きです。オシャレでステキなおフランス人のドミニックさんは、質実剛健シンプルライフをおススメしております。
いずれにせよ、まずはガラクタ処分から。

大きな声では言えませんが、お片付けをする理由はもう一つ、「痩・せ・た・い」です。ガソリンが高くなっています。毎日100キロも走れば愛車「デミコ」も傷みます。土日は極力車は使わないように、ケチケチしています。そのため土日にはすっかりジムに行かなくなりました。家でせっせと片づけに励み、少しでも身体を動かしたいと思います。

うふふ、週末、嬉しいな。

広告を非表示にする

インコおしゃべり練習

今日運転も含めて仕事をした時間は5時間半でした。パート並の勤務時間。だって仕事がないんですもの。歩合だからお給料も少ないですが、まあのんびりやりましょう。

そんなわけで時間があった今日、「ジイバア」宅の食料品買い出しをして、一緒にお昼を食べるべく行ってきました。

荷物を持ってふうふうと「ジイバア」宅の階段をあがり、「コンニチハー」と玄関をあければ、目の前には茶の間の「インコサン」の姿です。すっかり大きくなって、我が家のような顔をしております。

そんな「インコサン」もインコですから、ようやくおしゃべりの練習を始めました。最近「ジュワッ」とか「ジュワッチ」とか、ウルトラマンの真似をしているのが気になっていたのです。なぜウルトラマンなのかしら。再放送をしていないし、「ジイ」「インコサン」ウルトラマンの物真似をして見せているとも思えないし。
今日、その謎が解けました。

では「インコサン」がおしゃべりの練習をする姿を見てみましょう。
まず、背筋をしゃんと伸ばし、顔は正面に向けます。そして大きな声で、「オヒョヒョ、オヒョ、オヒョ」と発声練習をします。十分に声を出しましょう。
では次、カゴにぶら下がっている鈴を頭に「カポ」とかぶります。
これで準備ができました。
頭にかぶった鈴に向かって、ニンゲンになるべく聞かれないように、小さな小さな声でおしゃべりの練習をします。

耳をでっかくして聞き取ろうとする「ワタクシ」。なるべく小さな声で練習をする「インコサン」
今日、ようやく聞き取ることができました。
ジョー・・・・ジュッ!」
「オジョー・・・・ジュワッ!」
これは「お上手」の練習ですね。鈴をチリンと鳴らすと「バア」「ワタクシ」に「お上手~!」と褒められますので、この言葉を覚えたようです。だから「ジュッ」とか「ジュワッ」とか、ウルトラマンのように聞こえたのでしょう。しかし、まだまだとても下手です。もっとお上手になるように、これからも精進していただきたいと思います。

↓キウイを食べにやって来たメジロ
f:id:hissya-blog:20180207202338j:plain
今回は「インコサン」の話題ですが、写真はお庭にきたメジロです。真ん中にある鳥のエサ台の、むかって左側にいます。ヒヨドリたちはキウイや酸っぱいミカンをたらふく食べて、丸々としたおデブさんになっています。ヒヨドリが強すぎてなかなか他の鳥が食べられませんので、このメジロのショットは貴重です。あとはキビタキシジュウカラなんかも見かけました。

明日はジムに行こう。痩せよう。

広告を非表示にする

占い

ユウウツな月曜日、いえいえ、平日は毎日ユウウツです。今日は運転中に右折レーンに入ったところ、真正面からおじいちゃんが逆走してきました。お互いビックリして止まりました。毎日同じ繰り返しのようですが、色々あります。

できることなら毎日気分良く過ごしたいものですね。朝から占いで「今日はハッピーな1日」なんて言われたら、それだけでハッピー。「今日はガッカリな1日」と言われたら、それだけでも十分にガッカリ。

というわけで、朝のテレビの占いは見ません。だってガッカリって言われたら嫌なんだもの。落ち込むもの。
でも雑誌に載っているような一週間や一カ月占いは好きで、よく見ます。あと新聞の占いも。新聞の場合は順位付けがなく「〇〇に注意」のような書き方なので、安心して読めます。

最近本屋さんで「3年の星占い」という本を読んでみました。気に入りました。
占いではあるけれど、元気づけるような、励ますようなことがたくさん書いてあるのです。悪い事よりも、今年はアレ、来年はコレの運が良いよ、と書いてあるのです。何だか良いことが起こりそうな気にさせてくれます。
ちなみに「ワタクシ」は今年は恋愛ばっちり、来年は勉強ばっちり、再来年はキャリアばっちりだそうです。むふふ、期待しちゃうな。

「ワタクシ」恥ずかしながら、宇宙人の存在は心底信じております。出会ったことはありませんが、そして決してイカのような姿やETのような姿だとは思っておりませんが、夜空を見上げれば無数の星々の中に宇宙人はいると思うのです。
が、しかし。神や仏、天国や地獄、輪廻転生に閻魔大王、手相や占い、予言や予知は「信じる」ところまでいっておりません。
というわけで、占い=その通りに未来が進む、とまでは信じられないのですが、でもでも、占いは気にしてしまうのです。複雑な心持ち。「3年の星占い」でも「全員に当てはまるのではなく、今の現状を念頭において拾い上げてください」というようなことが書いてありました。それはそうよね、同じ星座の人に同じ出来事が起こったらそれこそおかしいものね。
当たる当たらないはともかく、良いことが起こるよ、と言われれば気分は良いもの。おみくじと一緒です。良いことがいっぱい書いてある占いを読んで、良いことが起こりそうな気分で過ごせたら、毎日がもっと良いものになりそうです。

↓着々と近づく「春」を発見↓
f:id:hissya-blog:20180205194237j:plain
スイセンのつぼみがムクムクと顔を出していました。連日強烈な寒さでしたが、お花たちは春へむけてちゃんと準備をしています。「ワタクシ」も見習わなくては…太っている場合ではないのです。だって今年は恋愛ばっちりって書いてあるもん!いつ未来の旦那様に出会っても良いように、断捨離や減量を進めたいと思います。

広告を非表示にする

もう2月

あら、もう2月?早いですね。

今日は今季3回目の積雪でした。道路はそんなに積もっていませんでしたが、屋根やお庭は真っ白。スタッドレスタイヤの最終年なので、ビクビクです。今年の冬は極寒ですね。毎朝室内が氷点です。灯油の価格が上がっています。お給料は下がっています(前月比₋7万円)。会社倒産の危機です。こうなると、1日1日仕事があるだけでもありがたいことです。仕事好きじゃないけれど。

そんなわけで、寒い我が家、エコという名のケチ暮らし、毎晩そそくさストーブを消してしまい、さっさとお布団にもぐり込んでいます。頭と手をチビリと出して、読書をしています。お布団の中が一番あったかいのです。半冬眠のような生活です。寒いと活動もにぶります。

↓お客様の愛犬「クウちゃん」↓
f:id:hissya-blog:20180202191451j:plain
にぶい三十路とは対照的に、元気いっぱい雪の中を跳ね回るワンコ「クウちゃん」です。このブログにもたびたび登場しております。仲良くなるまで半年かかった人見知りワンコです。最初はブルブル震えて固まっていたワンコですが、今では「ワタクシ」の車の音を聞きつけると走って迎えに出てきて、「アオ」と挨拶してくれるまでになりました。前々から写真を撮りたかったのですが、今日ようやく、とってもラブリーキュートプリティーな感じで撮ることができました。可愛いでしょ。

明日は節分ですね。夜には「ジイバア」宅で、みんなで恵方巻をいただく予定です。寒くてお布団から出たくないところですが、週末は掃除に精を出したいと思います。

広告を非表示にする