ゆったりぼっち

おひとりさまワープアでも、お金も時間も気持ちもゆったり暮らしたいのです

●登場人物●
「ワタクシ」:♀。30代独身、彼氏無し、友達2人、正社員ワープア、いつもクヨクヨ。趣味は園芸、読書、ネコ。
「ママ」:♀。天国にお住まいの大切なママ。
「ジイバア」:♂♀。90近い「ジイ」と「バア」。大切な祖父母。
「ネコジョシ」:♀。仮名。きかんぼおこりんぼで気の合う親友かつ妹のようなネコ。
「ネコダンシ」:♂。仮名。内弁慶でデリケートなハンサムネコ。
「インコサン」:?。仮名。「ジイバア」宅の二代目セキセイインコ。物静かなインコ。
「アジエサン」:♀。唯一の女友達。友達の多い活発なおしゃれ女子。
「ノーカクン」:♂。唯一の男友達。農家の跡取り息子。かなりテキトーなタイプ。
●過去●
「ユズ」:♂。「ジイバア」宅の初代セキセイインコ。懐っこくて元気。大空へ旅立ってしまいお別れ。
「シャチョー」:♂。前職場の雇い主。見た目も中身もヤクザのような。



グアム旅行 - 珍道中編

ではヘッポコな旅行記とまいります。珍道中編です。色々あったのです。

★~搭乗前のお呼び出し編~★
搭乗時刻前にお呼び出しを受けました。「お座席番号××の〇〇様~お連れ様もご一緒に搭乗カウンターまでお越しください~」もうこれって嫌な予感しかしません。
搭乗カウンターに行くと、笑顔がかたいおじさんが「先に入っていただきます~」「お荷物から目を離しませんでしたか~?」「免税店以外で何か買いましたか~?」「誰かから何か預かりませんでしたか~?」という質問。これってアレじゃ。まさかのアレじゃ。
で、搭乗口入り口の裏手に立たされまして、外国人スタッフとご対面。
「靴脱いでー」「両手出してー」「お腹出してー」
次、「かばん開けてー」「デジカメ出してー」
で、紙でサワサワ。靴もワシワシつぶして検査。
アレですな。噂に聞いたことはありましたが、350人ほどの乗客の中から選ばれてしまいましたな。搭乗前のセキュリティチェックというやつですね。麻薬とか爆薬の検査のようです。全乗客の中で「ワタクシ」たち2人だけでした。その他に呼び出された方々は、赤ちゃん連れで優先的に搭乗する方たち。怪訝な目で見つめられて検査を行いました。恥ずかしいからもっと隠してやって欲しい。

★~フレンドリーな入国審査編~★
グアムの入国審査は時間がかかると聞いていましたが、その通りでした。ちょうど韓国からの便と合わさりまして、出るまでに1時間かかりました。指紋とか写真も撮ると聞いてドキドキ。ずっと入国審査を観察しまして、「カンコー?」「ニハク?サンパク?」とか日本語で聞かれているので一安心。ほほう、指紋はああやるのね、写真はああやるのね。
ようやく「ネークストゥッ!」と呼ばれ、強面マッチョなオジサマにあたりました。以下、指紋を取りながらの審査官と「ワタクシ」のやり取りです。
「Hello」→「はろー」
「Good morning」→「もーにーん」
「How are you ?」→「ふぁいん、さんきゅー」
「First time ?」→「あー、せかんど?とぅわいす?」
「How long will you stay?」→「ふぉー すりー でーいず」
「/@:\^: ?」→「? そーりー?」
Hotel ?」→「ああ、ぐあむりーふ」
でもって次、写真撮影。
「Camera」→「おーけー」
「Smile !!」→なんですって?笑顔でいいの?とりあえず「ニコ」
「No,BIG smile!!!!」→あうっ、「ニカッ」
一時間の待ち時間中ずーっと観察していましたが、笑顔で写真を撮っている人は誰もいませんでした。なぜだ。歯も出して大盤振る舞いの大スマイルを提供してきました。
「Thank you ~♪」と明るく送り出されてようやくホッ。

というわけで、「スペシャルなセキュリティチェック」に「英会話とスマイルの入国審査」で胸がいっぱい。もうグアムの思い出は十分にできました。

が、まだ終わらない珍道中。

★~BMWで送迎編~★
今回の旅行はHISで申し込んだわけですが、到着ロビーのHISカウンターで手続きをして椅子で待ちぼうけしていたところ、白手袋のおじさんがお迎えに来ました。そしたら何と、BMWにて個別にお迎え。冷え冷えのお水までいただきました。こちら帰国後に調べてみたところ、5000円プラスでお迎えがプライベートBMWにランクアップするそうなのです。でもちょっと待てい、申し込んでないぞ。無料でアップグレードしてくれたみたいです。うんうん、これなら次回もHISで旅行に行っちゃうぞ。
人生初のBMW。以前の職場の「シャチョー」は1000万近いBMWを乗り回していましたが、一度も乗せてもらったことがありませんでした。ああ、そういえばチップあげなかったな。

そんなわけでホテルに到着したのは朝3時半、もう胸にはたくさんの思い出が詰まっている珍道中となりました。

↓成田空港の展望デッキからの夜景↓
f:id:hissya-blog:20171214165358j:plain
田舎者なもので、ポカーンと口を開けて飛行機の離着陸を眺めてきました。すごいんだよ、こう、ぐわーっとあの巨大な飛行機の塊が、うんぬんかんぬん。この日の成田は雨でしたが、雨にも負けず、寒い中展望デッキからの景色を楽しみました。

旅行記はあと1回、「滞在編」を書く予定です。

広告を非表示にする

週末グアム

え?週末グアム?ビンボーなくせに?
そうなんです。お貧乏なくせに、ワープアなくせに、週末グアムに行ってきました。
うんうん、収支は黒字だし、転職前よりほんの少しお給料も上がったし。ですが収支が少々黒字だからといって貯金額が増えたかというと、たいしたことはないので、もっと引き締めなければなりませんね。旅行から帰って気分も一段落した今頃になって反省しております。

旅行の日程は、出発は金曜の21時20分成田発のグアム行。
日付変わりまして。1時55分にグアムに到着。ホテルはグアムリーフ&オリーブスパリゾート
日曜日、17時10分グアム発、成田19時55分着の便で帰国。

2泊3日の日程でございました。三十路にはなかなか苦しい夜中便。
でもでも、飛行機が3時間半っていうのは嬉しいね。
そして日本語が通じるのも嬉しいね。
物価が高いね。
暑いね。
海がキレイだね。

詳しい旅行記はぼちぼち書きます。バリ編のように、へっぽこな旅行記になる予定です。

↓ホテルのバルコニーからの景色↓
f:id:hissya-blog:20171212191657j:plain
7年ぶり、人生で2回目のグアムです。グアムの海は遠浅なので、泳げない「ワタクシ」でも安心なのです。珍道中、色々とあったグアム旅行でした。かかった費用は全てこみこみで10万円、でもとっても楽しかったです。また行きたいな。嫌々な仕事もこういった楽しい経験のために、辛抱です。

広告を非表示にする

「インコサン」4カ月

火曜日に仕事の後相談があるから会社に寄って欲しいと言われ、ソワソワしながら行ってきました。そしたら、午前中事務仕事をやって欲しいということだったのです。一日猶予をもらってウーンウーンと眠れぬ夜を過ごし、引き受けることを決意。で、翌日再度会社を訪問し承諾の旨を伝えたところ、やっぱり事務不要です、と言われ、結局この話は無かったことになりました。眠れぬ夜を返しておくれ。

では楽しいことを書きましょう。嫌なことは忘れましょう。

「インコサン」が我が家(正確には「ジイバア」宅)の仲間になって早4カ月。お迎えした当初は、お口の周りを粟のおかゆで黄色く汚し、お目目を吊り上げて怯えていた「インコサン」。今ではふっくら育ち、クリッピングはしてあるものの結構飛べます。まだまだ「きゃー可愛いー懐っこいインコー!」とまではいきません。カゴを開けるとオドオドしばらく迷ってからピョン!と飛び出します。で、そこら辺の畳をつついてからイソイソとカゴに戻ってしまいます。手に乗せるとおとなしくしています。そーっとそーっと後ろからお顔を近づけてクンクンすると、懐かしいペットショップのニオイ。インコってこんなニオイなんだ。

男の子ですし、そろそろおしゃべりをしていただきたいところです。しかし、相変わらずの鳴き声。「…ピョロロ…ピョロリラ…」と小さな声で控えめに鳴いています。「バア」曰く「お上品」、「ワタクシ」曰く「へっぽこ」、耳の遠い「ジイ」にいたっては「聞こえない」。たまに「オヒョイ!」と大きな声を出してしまい、しまった!という顔をしてから目をつぶってごまかしたりもしています。
ところが夕方、「ジイ」がお風呂、「バア」「ワタクシ」がお台所へ行くと、茶の間には「インコサン」ひとりきり。すると「♪オッヒョイ♪オッヒョイ♪」と明るく楽しく元気なインコの鳴き声が。そーっとのぞくと、おでこの毛を逆立てて頭をフリフリしながら歌う「ご機嫌なインコ」の姿です。ところがニンゲンに見られていることに気づくと、おでこを平に戻し真顔になりまして、「普通のインコ」のフリをします。
「ニンゲンに売り買いされたインコ」の心の傷。
「ニンゲンの前で楽しい姿なんて見せてやるものか」というインコの意地。
本当は楽しいくせに!!
それでも褒められれば嬉しいわけで、鈴をチリンチリンと鳴らすと「お上手~!」と言われることを覚えまして、鈴を鳴らすたびにこちらをチラッと見て、「お上手~!」を待っています。誰にも言ってもらえないと、自棄になって鈴を足でひっぱってガッチャンガッチャン大きな音を立てます。誉めてほしいのね。可愛いんだから。

↓カメラから隠れる「インコサン」↓
f:id:hissya-blog:20171207170654j:plain
大きなデジタル一眼レフはものすごく怖いみたいです。怯えつつも見つめている姿がまた可愛い。

片手に乗る小さな命ですが、無くてはならない大切な存在です。早くおしゃべりして欲しいなー最初は何ていう言葉を覚えるのかなー。

広告を非表示にする

ディズニーシー

前回のブログで「アジエサン」からディズニー旅行のお誘いを受け、マゴマゴと行きたくないことを書いていましたが、金曜の夜、煮え切らない「ワタクシ」に対し「アジエサン」から「チケット2枚買ったよー」と連絡が。
何ですって。
行くしかないんだな。
何が何でも25000円以内に抑えることをかたく誓い、昨日ディズニーシーに行ってまいりました。

集合時間、朝3時半。
え、6時半の間違いじゃないの?…間違いじゃありませんでした。

「アジエサン」の運転で行くわけですが、途中朝ご飯を食べ、7時には現地に着いていたいとのこと。それにしたって早すぎる気もしますが、乗せていただく側ですから、真っ暗で寒い中新聞配達のバイクに交じって「アジエサン」宅へとむかい、行ってきました。

途中寄り道をして朝ご飯を食べながらダベダベして、予定通りに7時には到着。1時間棒立ちで並び入園。
以下、乗り物に乗り、動悸息切れ足の痛み肩こり腰痛空腹に耐え、お土産を買い、園内ではスープ1杯だけを食べ、帰宅途中で牛丼を食べ、わが家に帰宅したのは日付が変わって1時半でした。最高で145分の立ちっぱなし。それも夜の寒い中お外で。アベックや10代20代女子グループがわんさかいる中、三十路も半ばの2人組も我が身に鞭打って頑張ってまいりました。

混んでいました。疲れました。疲れています。
スマホを自分の車に忘れて行ってしまったのですが、帰宅して夜中の2時過ぎにようやく確認したら、仕事の着信が。ああ、携帯電話って便利だけれど不便。休日なのに。

友人がほとんどおらず、ほとんどの休日は家で一人遊びを楽しむ身ですから、以前インスタへの不満を書きました。昨日のディズニーでも写真に夢中になっている集団がたくさんおりました。ひと昔前のディズニーでは、地べたに座って写真を撮ったり柵にまたがって写真を撮るなんて考えられなかったのに、列に並びながら化粧をする人も、列に並びながら後ろの人たちが写るかどうかなんて気にせずに自撮りをする人もいなかったのに、日本人のマナーも悪くなったものだなあ、とちょっと残念でした。

しかしながら、乗り物は楽しかったです。乗り物って言わないのかな、アトラクションって言うのかな。安全バーにしがみ付いて乗ったコースター類、楽しかったなあ。

↓クリスマス版ディズニーシーの夜景↓
f:id:hissya-blog:20171203164523j:plain
そして綺麗でした。
そしてしみじみ疲れました。
朝よりもどんどんと筋肉痛がひどくなっています。中腰ガニ股姿でヨチヨチ歩く飼い主を「ネコジョシ」が変な顔で見ていました。

仕事の電話は今日折り返しましたが、社長から「相談があるから火曜日の夜会社に来て欲しい」とのことでした。もしかしてやんわりと解雇の話ではなかろうか。不安。

今夜はノビノビとお風呂に入って、早めに寝ることにします(いつも早いけれど)。また一つ人生の経験値をアップさせることができました。24080円かかりましたが、やっぱり行って良かったです。

広告を非表示にする

月末の夜

先ほどふくよかな「ネコジョシ」をドアに挟んでしまいまして、「ネコジョシ」ただいま家出中です。こんなに寒いのに。

月末なので、お手製のエクセル家計簿をカチカチやっていたところ、「アジエサン」からラインが来ました。
「今週末ディズニー行かない(ネズミ)?」
ほう、でずにーですか。
今週末は…洗濯物が溜まってるんだよね。お布団も干したいし掃除機も…来週出す不燃ごみもまとめなくちゃ…ぶつぶつ。高いな、寒いな、疲れるな、早起きだな、と嫌な理由はたくさん思いつくけれど、断る正当な理由が思いつきません。
その上なぜか家計簿で数万円の誤差(もちろんマイナス)が出てしまいまして、顔がヒヤーッとしています。

さて、どうしましょうね。行けば往復の交通費にチケット代に飲食代にお土産代(職場のみ)で、ご予算25000円といったとことろ。むむ。

↓何があったのかな「ネコダンシ」↓
f:id:hissya-blog:20171130193720j:plain
飼い主が頭をかかえるそばで、「ネコダンシ」も一緒に頭をかかえて寝ています。何があったのかしら。

今週は仕事を頑張っているし、行ってもいいかなあ。でもこの頑張り(お金)が返ってくるのは、1月に頑張った分の7割の額だけ。うーん。一方の「アジエサン」は年末お母さまと海外旅行に行くそうです。良いですこと。うらやましいですこと。天国の「ママ」に会いたいですこと。
あ、そういえばおせちの注文してなかった。「ジイバア」と3人で食べるおせちを注文しなくっちゃ。おせちは毎年孫がご馳走します。25000円あったら良いおせちが頼めちゃうなあ。うーん、どうしよう。

広告を非表示にする

お仕事モリモリ

何と言うか、この記事のタイトルがイマイチですが、今週はお仕事モリモリです。モリモリ。心は疲れてゲッソリ、身体はドカ食いでフックラ。ボチボチ稼いであとは楽をしたい性格なのですが、そうも言えないので、まわってきた仕事は嫌々引き受けております。お金お金、これもお金のため。

今日会社に寄ったところ、20代後半の男性社員が12月に結婚するそうです。そして20代後半のバツイチ子持ちの女性社員(可愛い)は、子持ちなのに、彼氏がいて幸せいっぱいとの話を聞きました。結婚するよりも年に2回の海外バカンスが良いのさ、と強がりを言ってはみたものの、やはり若さ・美貌にはかないませんね。三十路もまもなく後半、ブーコの「ワタクシ」ぼっちのクリスマスを迎えます。

今週と来週は仕事の頑張り時。1件いくらの歩合ですから、頑張ればお金に直結。辛抱辛抱、基本給は安くとも、年に3回の賞与という形で返ってくるのです。来年はハワイ…ダナン…プーケット…どこかに行けますように。

↓「アジエサン」にもらったバリ島旅行の写真↓
f:id:hissya-blog:20171128195517j:plain
ムフフ、どこかに小さく「ワタクシ」が写っているのです。バカンス気分を味わうワープアが混じっているのです。来年は2回、偽物バカンスを楽しむことができますように。

写真を見て頑張る気力を養いまして、あと3日間忙しい毎日を頑張ってまいります。

広告を非表示にする

渓谷の紅葉

昨日は「アジエサン」とお昼をご一緒しました。お互い自分の車で現地集合したものの、「アジエサン」が紅葉を見にお出かけしたいということで、結局我が家に車を置いて、いつものように乗せてもらって運転してもらってお出かけしてきました。

行き先は、高速も使って一時間ほどの距離にある渓谷「ワタクシ」は聞いたこともない渓谷でしたが、お出かけ好きな「アジエサン」は全国津々浦々どこでもお詳しい。
渓谷…体重が50キロを大きく超えてMからLに向かいつつあるこの身体で歩けるかしら。一方の「アジエサン」は健康診断で相当痩せすぎで注意を受けたそうです。どこまでも対照的。

まず駐車場まで大渋滞。でもって今度は駐車場から道路を歩く歩く。「アジエサン」は元気にペチャクチャやる中、息をきらして相槌もろくに打てないポッチャリ気味の「ワタクシ」

で、ようやくたどり着いた紅葉の景色はこちらです。

↓渓谷と…少々のもみじの紅葉↓
f:id:hissya-blog:20171126145734j:plain
渋滞の車の列を見て、さぞかし見ごろに違いないと期待して山道をがんばりましたが、結果はこちらです。少々紅葉が残っています。何てこと。何てことなの。ふうふうヨロヨロしながらやっと歩いたのに、何てこと。

紅葉はともかく、「アジエサン」の元気なおしゃべりを聞き、お昼にとんかつ、おやつにケーキ、夜はおしゃれなホットサンドをもりもりと食べ、ますます太った休日を過ごしました。随分長いことぼっちの休日を楽しんでいましたが、たまには誰かと過ごすのも楽しいです。そりゃあ楽しいよね!遊ぶ相手がいないだけだもん!

今週は新しいお客様が3人入ります。緊張します。ユウウツです。はあ、ため息が出ちゃう。早く無事に次の週末が来ますように。

広告を非表示にする

手縫い雑巾

最近歩くと足の指が痛いのです。見れば赤く腫れています。ストーブにあたるとムズムズします。…これは…これは…しもやけ!?!?
しもやけさんとは久しぶりのご対面です。20年ぶりくらい。子どもの頃は靴が入らないくらいパンパンのしもやけになりました。三十路になりまして再会です。やっぱり家でも靴下を履こう。足の冷えがひどくてあんまり感覚がないので、靴下を履かなくても平気だったのです。触ればヒンヤリ冷え冷えの足ですが、自覚がなかったのです。靴下に穴があいたらもったいない、なんて考えずに、これからは靴下を履きます。

嬉しさがこぼれ落ちる金曜の夜。喜びがはじけ散る金曜の夜。それなのに、もう21時半になってしまいました。今まで夢中になって何をやっていたかといいますと、お貧乏らしく、手縫いで雑巾を作っておりました。今の世の中お金さえ出せば簡単に買える雑巾ですが、せっかく使い古したタオルがありますので、手縫いしましょう。そろそろ大掃除をスタートしたいので、雑巾が必要です。いいですか皆様、1枚のタオルから2枚の雑巾ができるのですよ。1枚は水拭き用、1枚は乾拭き用に使うので、ちょうど良いのです。

↓できあがった雑巾とストーブにあたる「ネコジョシ」↓
f:id:hissya-blog:20171124212412j:plain
この手縫い雑巾を見て「おや、未完成?」と思ったあなたは手縫い雑巾通。本当はバッテン縫いも必要です。ですが三十路、ここまで縫っただけで肩はこるし目はかすむし眠たくなるし、この状態で完成として使ってみます。バフバフして使いにくいようだったらバッテン縫いも追加します。こういうところが面倒くさがりなんだわ。

明日は「アジエサン」お久しぶりに会ってきます。2カ月以上も音信不通でしたが、昨日連絡を入れてみたところ、早速と明日お食事に行くことになりました。現地集合なので運転が嫌いな「ワタクシ」はかなり不安です。あ、その前に明日は歯医者さんのクリーニングがあるのでした。早起きしなくちゃいけないな。

広告を非表示にする

イソジン

勤労感謝の日、特にお客様に勤労を感謝されることもなく仕事をしてきました。雨の中、お靴を泥だらけにしてお客様の家々をまわってきました。歩合ですから仕事量がお金量に直結します、頑張りましょう。来年もバカンスを。そういえば「アジエサン」ともう2カ月連絡を取ってないな。とうとう彼氏でもできたかな。

寒くなってきましたね。風邪やインフルエンザ、肺炎などなど冬は悪いヤツラがいっぱいおります。しかし、面倒くさがり&子どもの頃から野性味あふれる環境で育った「ワタクシ」は、風邪をひかないと手洗いうがいをしません。ひいてからでは遅いのですが。
しかし、うがい薬のイソジンは常備薬ですね。
理由は、お口が小さいのも原因の一つかと思いますが、寝ている間によく口の中を嚙むのです。「いてっ!」と自分で自分を痛めつけて目を覚ますわけです。何が嫌って、そこから口内炎になってしまうこと。痛くて目が覚めても、半分寝ぼけてそのまま眠ってしまいますが、翌朝鏡を見れば歯形がくっきり。これが口内炎のもと。おいしいお食事がおいしく食べられなくなる憎い口内炎

というわけで、口内炎に移行しないよう予防が肝心でございます。その強い味方がイソジン。歯形に原液をちょちょっと垂らします(自己責任)。普通は薄めて使うのよね。以前は口内炎になってからイソジン原液を付けたり、口内炎の場所が奥で届かない場合は水で薄めてブクブクやっていたのですが、今は口内炎になる前に、歯形が付いたらイソジンを付けております。気のせいか口内炎になりにくいような。

そもそもなぜ寝ている間に口の中を嚙むんだ、というわけですが、美味しい物を食べている夢でも見ているのかしら?寝言を言っているのかしら?
いいえ、自分でも自覚しているのですが、時々痙攣しながら寝ています。睡眠時ミオクローヌスというものです。ストレスがたまっているのかしら。たまっているわね、いつも。たまっているわね、たっぷり。

↓「ノーカクン」のお宅のネコ↓
f:id:hissya-blog:20171123171153j:plain
お名前は「ミルク」だそうですが、「コーヒー牛乳」の方がふさわしいような気もします。

あと一日、お仕事を頑張って来ましょう。

広告を非表示にする

仕事着

昨日のハニーズでの失敗を踏まえまして、仕事が15時で終わってしまう本日、しまむら戦に挑んできました。ホームページを見て、買う品物も決めておりました。
いざ!!
しかし惨敗。欲しい色の欲しいサイズが売り切れ。どうしてこうなる。似たような物がないか、ウロウロと1時間ねばって探し回りましたが、ありませんでした。

時間はまだ16時、帰るには早すぎます。隣近所から変な目で見られてしまうわ。

というわけで、車の中で水筒の水をすすりながら、仕事着について考えてみました。

上はどうにでもなるんです、夏はポロシャツでいいし、冬はババシャツの上に無地のプルオーバーを着て、パーカーを着ます。

問題はおズボンなのです。仕事でもプライベートでも、おズボンは。垂れたお尻が少し目立たなくなる気がするし、足もいくらか細く見える(自己評価)。スキニーの黒パンツなら、仕事帰りにそのままスーパーでもジムでもホームセンターでも、どこでも行ける。

ただし、ここで問題が。黒ということは、そう、昨日ハニーズのおズボンを買って失敗したように、ホコリやペットの毛が付くのです。素材によってすんごく吸い付けるものもあれば、さほど付かないものもあります。こればっかりはわからない。仕事ではお客様の家で膝をついたり座ったりしますので、ホコリまみれになることもあるのです。

レベル1:我が家
ホコリとネコ毛の漂う我が家、ただし我が家では仕事用おズボンのまま座ったりしないので、量のわりにはくっ付かないのです。量のわりには、なんて言ってないで、お掃除しましょう。

レベル2:犬の「クウちゃん」
お客様のお宅の愛犬。半分放し飼いの柴系雑種の女の子です。実は今まで数回このブログにも登場しております。最初は逃げまどって震えていたワンコ、とうとうへそ天してくれたワンコ、今では迎えに来てくれるようになった可愛いワンコです。「背中を掻いてくださる?」とこちらに背中を押し付けたり、「もっと掻いてくださる?」と手でバシッとひっぱたいてきたり、「駆けっこしてくださる?」とまとわりついてきたり。ただお外にいることが多いので、案外毛は抜けませんね。

レベル3(ラスボス):犬の「ジョン」
お客様のお宅の愛犬。室内犬の柴犬男子でございます。室内飼いの上に、ご家族に掃除機要員がいらっしゃらないようで、床にちょっとでも膝をついたらもう大変。真っ白になります。こちらのお宅、週4日行く上に、必ず座っての作業があります。そして「ジョン」は「オラと遊ぼ」と跳ね回りながら「ワタクシ」の顔や手をベロベロなめまわし、しまいにはど突いてきます。犬のベロべロは苦手だわ。おまけに女子犬「クウちゃん」と遊んだ後に「ジョン」と会うともう大変、「可愛い女の子のにおいがするだ!」と、そばから離れてくれません。

レベル2と3が問題だ。ハニーズのおズボンでは毛とホコリまみれになってしまう。でも気がつきました、両方とも訪問時間が午後なのです。それならば、午前中はハニーズのおズボンでも何とかなるのでは?午前中どこかに買い物に寄ることもまずないので、多少ホコリが付いても気にしない。帰宅後コロコロしましょう。で、午後はモコモコ裏地の付いていない今までのおズボンで行く。一番寒いのは朝ですから、モコモコ裏地付きは午前中のみで我慢。
そうしよう。来年はしまむらの裏地付きおズボンが発売されたら、早めに黒のMサイズを買いに行きましょう。

↓お顔を出したシンビジュームのつぼみ↓
f:id:hissya-blog:20171121191535j:plain
よくぞ生れ出てくれました!咲くのは来年かな。嬉しいな、ありがたいな、楽しみだな。

Mサイズのおズボンと書きましたが、数年前まではSサイズでした。そして今、Lサイズに移り変わろうとしております。ここは是が非でもMに留めおきたいところ。ちなみに「ワタクシ」よりも背が高く痩せている「アジエサン」は、おズボンはSSサイズだそうです。「ワタクシ」が履いたら膝でつっかえると思います。そもそもしまむらやハニーズでSSサイズなんて見たことがないのですが、「アジエサン」はお店とは言わずに「ショップ」で買っているそうでございますよ、お高級そう。

6畳の狭い自室にストーブを点けまして、ネコ2匹と飼い主と、全員揃って温まっております。狭い部屋も良いものです。

広告を非表示にする