ゆったりぼっち

おひとりさまワープアでも、お金も時間も気持ちもゆったり暮らしたいのです

●登場人物●
「ワタクシ」:♀。30代独身、彼氏無し、友達2人、正社員ワープア、いつもクヨクヨ。趣味は園芸、読書、ネコ。
「ママ」:♀。天国にお住まいの大切なママ。
「ジイバア」:♂♀。90近い「ジイ」と「バア」。大切な祖父母。
「ネコジョシ」:♀。仮名。きかんぼおこりんぼで気の合う親友かつ妹のようなネコ。
「ネコダンシ」:♂。仮名。内弁慶でデリケートなハンサムネコ。
「インコサン」:?。仮名。「ジイバア」宅の二代目セキセイインコ。物静かなインコ。
「アジエサン」:♀。唯一の女友達。友達の多い活発なおしゃれ女子。
「ノーカクン」:♂。唯一の男友達。農家の跡取り息子。かなりテキトーなタイプ。
●過去●
「ユズ」:♂。「ジイバア」宅の初代セキセイインコ。懐っこくて元気。大空へ旅立ってしまいお別れ。
「シャチョー」:♂。前職場の雇い主。見た目も中身もヤクザのような。



「バア」米寿

本日は我が「バア」88歳米寿お誕生日です!!おめでたいのです!!

ところがどっこいどっこい、本人は数日前、この年齢で初めて帯状疱疹になりまして、痛くて痛くてお祝い気分ではない様子。遠方の叔母が来てくれるはずだったのですが、何せ「バア」がそんな風だし、台風は来ているし、結局叔母の訪問はナシにして、いつも通りのジジ様ババ様マゴ様だけでお祝いしました。それも大きくやるなって言う。なぜならば、田舎では大きく祝うとその後ポクっとあの世へ行くジンクスがあるそうです。

というわけでせっかくの人生の節目ではありますが、仕事が少なく早く終わったので3人で期日前投票に行き、ホームセンターに寄って「ジイ」は種、「バア」は日用品を買い、帰宅。

昨年のお誕生日にはカニを食べましたが(→詳しくはコチラ)、今年は「バア」のリクエストでカニピラフ。地元で有名なお店からお持ち帰りで買ってきました。お夕飯でみんなでいただきました。

↓放鳥でお祝い中の「インコサン」↓
f:id:hissya-blog:20171020214832j:plain
あら大変!片っぽのほっぺたにホクロが!数日見ないうちに出現しておりました。ホクロ無い方がいいな、ポチとかプツとか大嫌いなんですもの。

この一年、「バア」は骨折と帯状疱疹だけで済みましたね。「だけで」なんて言ったら本人は痛いだのつらいだの怒るかもしれませんが、何よりも89歳88歳の夫婦2人で自宅で生活できていることが素晴らしい。次は3人(+1匹)でクリスマス、お正月、そして1月には「ジイ」の90歳のお誕生日を皆元気で迎えましょう。

この幸せが1年後も2年後も続いていますように。来年も再来年もその先も、毎年この話題を書くことができますように。

広告を非表示にする

シャーロックホームズの冒険

お客様が増えたとなればユウウツになり、お客様が減ったとなれば落ち込みクレームなんて受けたらもう倒れんばかりにショックを受け、もう本当に接客業は向いておりません。おりませんけれども、働かなくては食べていかれません。

そんな疲れる毎日、最近の楽しみはGYAOで放送しているグラナダTV版のシャーロックホームズの冒険(→詳しくはwiki)です。以前名探偵ポワロ(→詳しくはコチラ)についても書きましたが、ポワロの放送が終わって今はホームズ先生です。

ポワロもそうでしたが、こちらのホームズもこのドラマを見たら、もうホームズ先生はこのお顔しか想像できません。面長に高い鼻、スラリとした手足の長い高身長、もうホームズ先生だ、この人だ。

ポワロもホームズ先生も、昔NHKで夕方放送されておりました。子供の頃「ママ」と一緒に見るのを楽しみにしておりました。その当時はもちろん吹替版。

そして大人になってホームズ先生を字幕版で見て衝撃。吹替版では落ち着いた声でまさに紳士風の話し方でしたが、ジェレミー・ブレッド演じるホームズ先生の本当の話し方はと言いますと、ウワッハッハと笑い大きな声も出すし叫ぶし怒鳴るしきつい調子で話すし、けっこう怖そう。上司だったら怖い。ポワロは吹替も字幕も同じ感じだったのですが。

最近では現代版ホームズも人気ですし、色んなアレンジで映画にもなっていますが、やっぱりこのドラマが最高。特に前半は原作に近いのでおすすめです。後半ホームズ役のジェレミー・ブレッドの病気でかなりアレンジが加わりますが、お話の筋だけではなく、ヴィクトリア朝のドレスや髪型、お部屋のインテリア、ホームズ先生のティーカップはどんなものかな?と眺めるのもとっても楽しいですよ。お部屋が汚いことが多いけれど。ハドスン夫人に怒られるけれど。
あとは馬車のパカパカガラガラという音や、石畳を歩くカツカツいう足音が耳にとっても心地良い。最近自分は音フェチなのかもしれないと気づきました。34歳にして自分再発見です。雨の音とか暖炉の音とか、ネットで探してウットリと聞いています。今日は耳に嬉しい雨の夜です。

↓仲良くケンカする子猫姉妹↓
f:id:hissya-blog:20171019171531j:plain
「ノーカクン」の家で子猫をもらったと自慢の連絡が。別にうらやましくなんか…別に触りたくなんか…別に…別に…うう、触りたい、ポワポワしてる、触りたーい!今膝の上には毛づくろいをしてヨダレベトベトの「ネコジョシ」がおります。重い。でも可愛い。

明日もボチボチ仕事は大変ですが、あと一日、大嫌いな接客業に耐えてきます。

読書リスト

より良く暮らそうと思えば必ずくじかれるもの。本当に接客業は向いておりません。大嫌いだよ接客業なんて。でもでも、他にできる仕事も資格もスキルもないので、グダグダ言いながらもやるしかないのです。すっかり嫌気がさしてネットで求人情報サイトをウロウロしてみましたが、田舎って「週休2日祝日休み」なんてまずありません。この世の中ってそんなに働かなくてはいけないの。
完全に物を相手にする仕事を探すか、宝くじが当たるように毎日手を合わせるか、パートで働かせてくれる結婚相手を探すか、ああ、どれも非現実的ね。

と、すっかりクサクサと嫌な気持ちになった月曜日。
すごく不愉快な月曜日。

「お気に入り」カテゴリに好きな話題を書いて少しの間忘れましょう。

以前読書が好き(→詳しくはコチラ)と書きましたが、そしてEvernote(→詳しくはコチラ)についても書きましたが、Evernoteには読書リストが入っています。

現在我が家には自分の本やら「ママ」の本やらがあるわけですが、3年かかって200冊くらいは読み終えました。読み終えたらまだ頭がホカホカのうちに、作家の国別にページを分けて、読書感想文を書きます。最初に出版された年や訳者、出版社も忘れずに書き込んで、表紙の写真も添付。で、何度も読み返したい本は手元に残して、1回読めば十分と思ったものは処分します。まだまだ本は残っております。一族最強屈指の読書家「ジイ」の本ももらってきていますので、まだまだまだまだ。

あとは読みたい本もリストにしてあります。今のところ430冊ほど。読みたい本リストは、安いからとブックオフで買ったりしないでまずは図書館で借りようと思っています。読んでみて、手元に置きたいと思ったものだけを改めて買おうかなと。
が、しかし。
田舎の図書館は品ぞろえがよろしくない。カーリルというサイトで全国の図書館の蔵書を調べることができるのですが、近い図書館にはことごとくありません。地元で一番大きな図書館まで行けば結構あるのですが、この図書館、駐車場が不便で出入りが難しいし駐車券は必要だし、できれば避けたいところ。

そんな心配は、まず我が家の本を読みつくしてからにしましょう。

↓夕焼け小焼けのお山↓
f:id:hissya-blog:20171016201124j:plain
載せる写真がないので、以前大きな公園まで出かけてお散歩した時の写真を。右上に屋根が写りこんでる。やっぱり写真は下手だわね。

読書リストだなんて、すっごくカッコ良いことを書いているようですが、実際は後から自分で読書リストを見て、あれこんな本読んだかしら、どんな本だったかしら、と覚えていなかったりします。まったく身になっておりませんな。

とは言え、読書は最高に楽しめるひとり遊びです。そういえば、9月のバリ島旅行ではビーチベッドでカズオイシグロを読んだのですが、今年のノーベル文学賞を受賞しましたね。カズオイシグロ=バリ島のビーチベッド+青い空+椰子の葉のイメージがつきましたので、ノーベル文学賞だなんてバリ島の良い思い出が増えたみたい。

明日は1時間半の時間つぶしがございます。どこか大きなスーパーの駐車場にでも車をとめて、読書をして過ごしましょう。

今夜もこれから読書をして、大嫌いな接客業の仕事のことも、理不尽なお客様やその家族のことも、ひとときだけ忘れましょう。でもお客様=野口英世様ですので、お客様あってのお給料、お金お金、辛抱辛抱。

広告を非表示にする

日曜の夜

吹き出物と肌荒れが同居する肌。トシだなあ。

憂鬱ユウウツな日曜の夜がやってまいりました。全国津々浦々、同じ気持ちの方々が大勢いらっしゃることでしょう。やる気に満ち溢れていた金曜の夜は遠い思い出。人生で何百回と経験しておりますが、毎週毎週、日曜の夜って本当に暗い気持ちになりますこと。気持ちの小さい「ワタクシ」は夜どころかお昼過ぎからユウウツ症が始まります。

何とかなりませんでしょうか。

何ともできませんね。

例えば日曜に何か予定をこしらえてユウウツを忘れようと思っても、「明日から仕事なのに疲れたくない」と思い、「ジイバア」宅に行っても早く帰ります。「アジエサン」とは極力日曜に予定は入れません。土曜でお願いしております。パワフルな「アジエサン」は逆に休日を家で過ごすことが苦痛だそうで、ストレス発散にはお出かけが一番なのだそう。数多い友達が誰もつかまらなければ、母親という最高のお出かけ相手がいます。うらやましい。同じ家から出かけて同じ家に帰ってこられるなんて。週に一度は仕事の後バドミントンサークルに行き、高速で1時間もかけて帰ってくる元気もありますし、仕事の後しょっちゅうスタバで21時までお勉強しています。すごい、そのパワー。イキイキしているわね。
一方「ワタクシ」は一目散に帰りたいのです。17時半くらいになると道路が混んで怖いし、スーパーだって混むし。21時なんて右手に本、左手に「ネコジョシ」を抱えてお布団に入る時間です。

そんなわけで、日曜の夜ともなれば気分は落ち込む落ち込む。

何とかしたいな。

月曜に楽しみを、とか、日曜の夜はゆったり過ごす、とか、ネットで調べれば色々対処法が出てきますが、「ワタクシ」のか弱いメンタルでは何をやってもダメなのです。まだ今はお休みの日だっていうのに、何で仕事で煩わされなくちゃいけないんでしょ。そうよ、まだ今は休日なのよ、明日からの仕事は明日になったら心配すればいいのよ。と、思い込もうとしても思い込めないわけです。

↓毎日が平日かつ休日の「ネコジョシ」↓
f:id:hissya-blog:20171015200919j:plain
ネコはいいなあ。「アタシだって色々たいへんなのよ!」と怒られそうですが。

どうせ生きているのだから、暗く過ごすより良い気分で過ごしたい。それはそうです。当たり前です。日曜のユウウツ対策は大きな課題です。

広告を非表示にする

スマホ整理

身辺整理に燃える今日。午前中いっぱい「開かずの押入れ」と格闘し、頭や服にほこり蜘蛛の巣をたっぷりつけて大掃除をしました。「ネコダンシ」は目をまん丸こくしながらそばをウロウロ。ガターンドシーンと何か落っことしたりひっくり返したするたびに飛んで逃げていき、またいつの間にかそっと戻って後ろでお目目まん丸こ。ネコって本当に好奇心が旺盛…なはずなのに、「ネコジョシ」は午前中いっぱい丸くなって眠っておりました。対照的ね。

半分くらい進んだところで休止です。捨てる物が山盛りてんこ盛り出ましたので、まずは数週間かけてこのゴミを処理してからまた再開しましょう。そうしましょう。決して飽きたわけでも疲れたわけでも…ホホ。

午後からは読書をして休憩。

そして夜、スマホ身辺整理に挑みました。

まず電話帳。もともと友達が少ないんですけどね。昔々から少ないんですけどね。
かれこれ15年くらい同じ番号ですから、昔の知り合いも少しは入っているわけです。でも10年も連絡をとっていないのに、今更とることもないでしょう。削除。
結婚後連絡しても返事が来なくなった「昔の」仲良しも削除。
そうそう、前職場関係も全員削除。用事もないし、ましてや不正を不正と思っていない「シャチョー」など、もう関わらない方が良いのです。勝手に「ワタクシ」の名前も使って不正をしていたのですからね。今の会社に指摘されて気づきました。辞めて良かった。

結果残ったのは、プライベートに関しては「アジエサン」「ノーカクン」、親戚5名、車屋のおじさん、もしかしたら連絡があるかもしれないことも無きにしも非ずな知り合い数名、「バア」のデイサービスとケアマネ。プライベートに関しては、20件もないです。あとは会社とお客様関係。

次、ライン。「アジエサン」「ノーカクン」以外使わないライン。スマホで充電をくうのはライン。別に無くても良いなと前々から思っておりました。しかし、SNS無しでは生きていかれないであろう「アジエサン」、ラインをやめたら遊んでくれないかも。まずは「ノーカクン」に相談しました。
「ラインをやめようと思うのですが」→「今時メール使えって言うのか」
うーん。
「用件は電話でも構いませんが」→「余計面倒だろ」
うーん。
電話が一番簡単だと思うんだけど。
2人しかいない友達を失っては困りますので、ラインは残すことにしました。でも連絡をとらない人が入っているのが嫌なので、いったんアカウントを削除。入れ直しました。これで良し。ラインはなるべくパソコンで使おう。

あとはカメラで撮った写真が数枚あったので、すべてパソコンに移し、スッキリ寂しい電話帳のバックアップも取り、スマホ整理終了。電話帳に入っている人数は少ないけれど、逆にこれだけがあれば大丈夫ということです。もともと友達が少ないからこれで良いや。

スマホも4年目、たまにフリーズすることがあるので、まだまだ頑張ってもらうべく、中身はスッキリ少なく、なるべくいじらないようにします。仕事で毎日職場に電話連絡を入れますのでどうしたって使いますが、その他はあんまり使いたくないのです。相変わらずケチンボなことを考える。

↓もしやシンビジュームの花芽?↓
f:id:hissya-blog:20171014194142j:plain
葉芽か花芽か…花芽っぽいなあ…ワクワクしちゃうなあ…。

夜になったら身体がギシギシしてきました。大掃除頑張り過ぎたかな。明日は何をしようかな、明日もお休みだなんて嬉しいな。

広告を非表示にする

身辺整理

金曜の夜!お疲れ様!ご苦労様!お給料と同じくらい嬉しい週末がやってきました。うふ、嬉しい。そんなワクワクしちゃうぼっちの休日、「お暮らし」カテゴリを作成してやる気がもりもりある間に、身辺整理を進めたいと思います。

身辺整理。
このまま独身だとすると、いつでもお迎えが来ても良いように、身辺整理。
良いご縁があったとすると、いつでもお嫁に行けるように、身辺整理。

体重もすっかり50キロを上回ったところで、色んな深い意味で身軽にするべく、身辺整理をします。というわけで、昨夜は秋の夜長に「ビニール袋の三角折り」をして過ごしました。何十枚も。こうやってこつこつ整理しましょう。不要なもの美しくないものは捨てましょう。掃除片づけに動き回って脂肪も捨てましょう。

↓「バア」の大好きなお花ホトトギス
f:id:hissya-blog:20171013193246j:plain
お花のある暮らし、良いよね。ネコとの暮らし、良いよね。インコとの暮らし、良いよね。

よし、やるぞ。

広告を非表示にする

「お暮らし」

仕事があんまりない火曜日、ジムに行ってきました。やけに汗が出る。もしかして筋肉が増えて代謝が良くなったのかしら!?とウキウキ、早速ネットで調べてみたとこと、太る→体表面積が増える→汗が出やすくなる、ということでした。
なんだ、太っただけか。
太ってる場合じゃないのに。

さて、ブログを始めて1年が過ぎたわけですが、タイトル「ゆったりぼっち」、「ぼっち」は合っているけれど全然「ゆったり」していない。相変わらずワープアのピーピー貧乏だし、セコセコしてるし、ケチケチしてるし、ぐうたらしてるし。「ゆったりぼっち」という名前は気に入ってるんだけど、現実は違います。「後ろ向きくよくよぼっち」「お貧乏ぼっち」「のらりくらりぼっち」といった感じです。

というわけで、何と言うか、こう、もっと自分のためになるような、「ゆったり」を目指すために、戒めとか憧れとか色々書ければいいなと思っているのです。そのために、自分のためのカテゴリを作ります。「暮らし」「生活」…うーん、ひねりがない(ひねらなくてもいいけど)。昨夜の寝しなにひらめきました。
「お暮らし」
良い。これに決定。「お」をくっ付けただけなんだけど、普段使わない言葉だし、ちょっと間抜けな感じが可愛い。ピーピー貧乏のくせにゆったり暮らしたい間抜けな「ワタクシ」にぴったり。

↓おもちゃに囲まれ忙しい「インコサン」↓
f:id:hissya-blog:20171010184427j:plain
何事も3日坊主どころか3日ももたなかった「ワタクシ」ですが、ブログは1年続きました。秘訣は「書きたくないとか面倒な時には書かない」ことですかね。というわけで、長続きしたブログに生活改善を巻き込んでみたいと思います。隅っこでビクつく小鳥だった「インコサン」は、すっかり日々を楽しく忙しく過ごすインコになりました。「インコサン」のように生活改善できますように。

広告を非表示にする

着物の虫干し

何ですって、世の中三連休なの!?「祝日休み」という条件で入社したものの、結局働いています。歩合だから働いた方がいいのでしょうけれど。そもそもお客様一人を「ワタクシ」が一人で担当できれば休むのも簡単なんですが、大半のお客様は二人がかりで担当しているため、「ワタクシ」だけが休むのは簡単ではありません。休むには曜日を変更する「振替」(お客様に嫌がられること必須)、もしくは他の従業員に代わってもらう「交代」(会社に嫌がられること必須)のどちらかが必要です。そんなわけで、簡単に「祝日休み」が叶うわけがありません。今の職場は前に比べれば良いところですが、なかなか「年に10日の有給休暇」「土日祝日休み」という条件なんてないんですかね。

と、愚痴から始まりました日曜日のブログです。

今日は朝から孫が大活躍です。掃除機、「ジイ」に頼まれた携行缶のガソリン2つ、もらいものの粉洗剤8キロ等々大荷物で8時半には「ジイバア」宅に到着。
今日はやりますよ、働きますよ。

2人のお布団干し。
掃除機かけ。
ホットカーペットをおん出して敷き、その上に重い絨毯を引きずってきて敷く。
こたつの設置。
扇風機を掃除して片づける。
「インコサン」のケージをばらし、水洗い。止まり木やおもちゃも全部洗って天日干し。
メダカの水槽掃除。
そして今日のメインイベント、「バア」着物虫干しです。

虫干しなんて初めて聞いた。初めてやった。そもそも着物なんて「ママ」の形見しかありませんもの。すさまじい量の着物があるであろう「バア」ですが、今日はとりあえず引出4段分に挑みました。干すついでに「バア」が捨てるものを選別。ゴミ袋5袋分になりました。

↓「バア」が嫁入りで着た着物↓
f:id:hissya-blog:20171008163447j:plain
家紋入りの着物です。「すごい!すごい!70年近く前の着物!?」と騒ぐ孫。「捨てろー」という「バア」。捨てるのか、捨てるのね、嫁入りの着物を捨てちゃうんだ。捨てました。

ところがどっこいどっこい!
まだまだあります古い着物。「バア」が小学6年生の時学芸会用に作ってもらった着物なんて、75年前くらいじゃないですか。古い着物はほとんどが自家製絹100%。「バア」の実家ではお蚕様を飼っていたそうで、自宅でとった糸から着物をつくってもらっていたのだそうです。ばあお手製のものもありました。

そんなわけで、思い出深い着物や絹の着物、おばの残していった高い着物を中心に虫干ししました。中には「大島つむぎ」とメモしてあった着物がありましたが…本当かな?これも残してあります。

家紋付きの着物1着と、お気に入りのはおりを1着、「ばーちゃん死んだらかぶせてー」だそうです。考えたくないけれど、まだまだ先であって欲しいけれど、その時が来たら必ずや実行いたします。

↓ズラリとお着物の皆様↓
f:id:hissya-blog:20171008164017j:plain
「道行」なんて言葉を知らなかったよ。「あわせ」とか「じゅばん」とか、着物も奥が深いのですね。「ママ」の形見の着物もしまったきり出していないので、今月中に虫干ししようと思います。出すのは楽々、しまうのは難しい。それぞれの折り方があるそうでございますよ。

成人式なんて出ていませんので、七五三しか着物を着たことがありません。こうして手に取ってみると、残りの人生で一度くらいは来てみたいなあと思いました。着られる機会があるかしら。あ、結婚すればいいんだ!そうかそうか、結婚するとき「バア」「ママ」の着物を着てお参りに行ってこよう。相手がいないけれど。

では世の中はお休みの明日、お仕事頑張ってまいります。

広告を非表示にする

ブログ1年

今日の良き日ブログを始めて1年を迎えました。良き日、土曜日だもん休日だもん良き日、うふ、楽しい。

1年、早いなあ。よく続いたなあ。この1年で書いた記事は229。思ったより書いておりました…たいした生活していないのに書いてるなあ…。

1年前はケアマネ試験が終わり、合格したら恐怖の研修を受け、性格的にむいていないケアマネの転職活動をし、春からはケアマネとしての瀕死の人生が始まるかと思っていました。
が。しかし。
筆記試験に合格したものの、現在の職場からのお誘いがあり、ケアマネ研修は辞退届を出して結局今年も申し込みはせず、同じ職業で人生を過ごしております。

成長してないな。
相変わらず一人だな。
相変わらずビンボーしてるな。

歩合制なので有給休暇は手に入れることができなかったものの、今までよりも朝遅く夜早く、お給料も少々はアップ。これで良しとしましょう。自分のスペックから考えれば満足しなければ。

この1年、「ジイバア」が今日まで元気でいてくれたし、「ユズ」との出会いと別れがあり、「インコサン」と家族になり、ネコたちも皆元気、退職し、転職し、無事故無違反、大きな病気やケガなく過ごすことができました。感謝感謝。次の1年もこうでありますように。次の1年はもっと楽しいこと嬉しいことが書けますように。

たいしたことのないショボイ人生でも、こうして1年書いてみると色々あったのかもしれません。覚えていないけれど。

この記事を読んでくれている日本のどこかのあなた様、お付き合いいただきありがとうございます。

↓「ネコジョシ」も感謝しております(多分)↓
f:id:hissya-blog:20171007105428j:plain
平凡だけれど幸せ。あるもので幸せ。
と、思えるように、これからも「ゆったりぼっち」を目指します。でも「ぼっち」は卒業したいです。

広告を非表示にする

バリ島旅行 - お出かけ編

片頭痛も5日目を迎えました。5日ともなればすっかり慣れまして、ズキズキしたってヘッチャラホイ!…なわけないですな、痛いものは痛いです。痛い。

前回(→詳しくはコチラ)に続きまして、バリ島旅行記お出かけ編です。オプショナルツアーを使いまして、1日めいっぱいお出かけしました。

↓ゴアガジャ遺跡↓
f:id:hissya-blog:20171004191530j:plain
怖いような可愛いようなお顔です。「あーん」しているお口に入ります。洞窟になっています。

↓テガラランのライステラス(棚田)↓
f:id:hissya-blog:20171004191743j:plain
知らなかったのですが、有名だそうです。「アジエサン」がテレビで見てぜひ見たい!とのことで来てみましたが、感想は「農家で育ったから田んぼ見ても感動しなかった」だそうです。参考になさってください。

ウブドの街中散策↓
f:id:hissya-blog:20171004191918j:plain
1時間半も自由時間がありましたが、1時間以上ただ腰かけて過ごしました。理由はお金ウブドに来る途中でツアーに組み込まれているお土産屋さんに寄ったのですが、「ワタクシ」は職場にチョコ、自分にルアックコーヒーとボディミストを買い先にお会計。その後お会計をした「アジエサン」のお金が足りず、貸しました。この時点で2人あわせても日本円で200円しか手元にない。ウブド市場を見ても買えないから行くのはやめよう。暑いし有名なルアックコーヒーでも飲みたいけれど、200円ではそれもできない。仕方がないので中国人観光客にまじって道端に腰かけてすごしました。

↓タマンアユン寺院↓
f:id:hissya-blog:20171004192531j:plain
縁結びに効くそうです。効くといいな。効きますように。

↓タナロット寺院↓
f:id:hissya-blog:20171004192954j:plain
ここはものすごい人でした。世界各地の観光客。日本語、英語、韓国語、中国語、フランス語、アラビアっぽい言葉等々、色んな言葉が飛び交っていました。ここで圧巻だったのは波、そして中国人観光客。サーフィン向きの波…っていうより、のまれたら死にます、という波。すごいのよ、もうドップーンザッパーンって。拙い擬音語で伝わるといいけど。次、中国人観光客、マイドローン持参で写真撮影。真っ赤なお揃いのドレスを着た女子集団がドローンで自撮り。「アジエサン」自撮り負けてるよ!!唖然とする「ワタクシ」とは対照的に、「アジエサン」はドローンいいかもとつぶやいておりました。

↓インド洋のサンセット↓
f:id:hissya-blog:20171004193543j:plain
右下にも寺院が写っています。その寺院にぶつかってくだける波、わかるかな?何メートルもの高さにもなっている波です。
以上、ここまでがオプショナルツアーです。三十路の二人組はヘトヘトになりました。

↓お買物スポット「バリコレクション」↓
f:id:hissya-blog:20171004193758j:plain
最終日、16時にチェックアウトした後お迎えが21時半だったので、バリコレクションまで無料バスで出かけてきました。「アジエサン」は1ルピアも余さずぴったり使い切ってお財布を見事に空にしました。お見事。一方眺めるだけで楽しかった「ワタクシ」はここではお買物はせず、スタバでシティマグ(→詳しくはコチラ)を買おうか迷ったのですが、デザインがアニメ風の人物が描かれていて気に入らなかったのでやめました。

なんと!これで旅行記は終わりです!これだけです!