ゆったりぼっち

おひとりさまワープアでも、お金も時間も気持ちもゆったり暮らしたいのです

●登場人物●
「ワタクシ」:♀。30代独身、彼氏無し、友達2人、正社員ワープア、いつもクヨクヨ。趣味は園芸、読書、ネコ。
「ママ」:♀。天国にお住まいの大切なママ。
「ジイバア」:♂♀。90近い「ジイ」と「バア」。大切な祖父母。
「ネコジョシ」:♀。仮名。きかんぼおこりんぼで気の合う親友かつ妹のようなネコ。
「ネコダンシ」:♂。仮名。内弁慶でデリケートなハンサムネコ。
「インコサン」:?。仮名。「ジイバア」宅の二代目セキセイインコ。個性派の予感。
「アジエサン」:♀。唯一の女友達。友達の多い活発なおしゃれ女子。
「ノーカクン」:♂。唯一の男友達。農家の跡取り息子。かなりテキトーなタイプ。
●過去●
「ユズ」:♂。「ジイバア」宅の初代セキセイインコ。懐っこくて元気。大空へ旅立ってしまいお別れ。
「シャチョー」:♂。前職場の雇い主。見た目も中身もヤクザのような。



シンビジューム - 開花

今年初ジム、運動初めに行ってまいりました。今年はもう15日も過ぎておりますが。いつものように思いきり息を吐いて静かに体重計にのったところ、50.7kg。おお、出っ張ったお腹のわりには思ったほどでは。重い身体でふうふう運動し、終わったあとの体重は50.7kgでした。まったく変わってない。なぜなの。

寒いのは嫌いです。古い木造の我が家は家の中でも毎朝氷点下です。ネコがぬくぬく布団にいる中、飼い主はエサ代を稼ぐために寒い布団から這い出して仕事に行きます。この1月2月が寒いのです。嫌な季節。

でも、そんな寒い季節の楽しみもあります。それはシンビジューム。あと冬のお花ではシクラメンも好きです。シンビジュームは鉢植えを買って2~3年はよく花が咲きますが、株分けやら植替えやらをしていると、年々咲かせるのが難しくなってきます。10月から「花芽あるかな?」とそわそわし、11月には「あったー!」と喜び、12月にはゆっくり蕾が見え始め、そして今年、咲きました。まだ1鉢だけですが、トップバッターは黄色のシンビジューム。あと4鉢花芽が付いています。みんな何色のお花を見せてくれるのかしら。シンビジュームって、「星の王子さま」に出てくるバラの花のようなイメージです。気が強そう、キリッとのびてシャンと咲きます。売り物のシンビジュームに比べると、わが家のお花たちは小粒です。でもお花はお花、カッコイイ、可愛い。

冬、「ワタクシ」とネコたちは寒くて活動も鈍くなりますが、シンビジュームは夏の間にコツコツと養分を蓄え、多くの植物が休んでいる冬にパカリとお花を開きます。努力家だわね。そして一度咲けば数カ月お花を見せ続けてくれます。我慢強いわね。

↓今年もお花を見せてくれたシンビジューム↓
f:id:hissya-blog:20180115191413j:plain
何よりも、シンビジュームは「ママ」の一番好きなお花です。今年も形見のお花を咲かせることができて、ちょっと親孝行できた気分です。

広告を非表示にする

形見の着物

今日は「ママ」の形見の着物の虫干し兼整理をしました。最初の遺品整理の際、見もしないでそのまましまった着物たち。どんな着物があるのか、今日初めて見ました。

遺品整理。
何も捨てられない時期もありました。
何もかも捨ててしまおうと思った時期もありました。
数年が経ち、ようやく冷静に遺品整理ができるようになりました。使うか使わないかで言ったら、着物は全部捨てることになってしまいますが、虫食いや染みのない物を選んで、4セット残すことにしました。来年の虫干しでまた減らすかどうか考えることにします。

遺品って1つ1つあれこれ思い出してなかなか捨てられないものです。でも時間が経って、ようやくだいぶ捨てられるようになりました。思い出を捨てるなんて!と言われるかもしれませんが、1つ1つ手に取って色々思い出し、汚れや染みがないか調べたり、使うか使わないか考えたり、そういうことが自分の気持ちの整理にもなると思うのです

それに「遺品」ってモノばかりじゃないと思うのです。
例えばお花が大好きだった「ママ」のように植物を育てたり鉢植えを買ってきたりして植物のある暮らしをするとか、花瓶にいけたお花を飾るとか、家計簿をきっちり付けて暮らすとか、そういうのだって「ママ」が遺してくれた遺品です。「ママ」がそうやって暮らしていたんですもの。
モノで言えば、「ママ」が娘の「ワタクシ」にあげたいと言っていた指輪、この指輪は形見として終生大事に手元に残したいと思います。

↓虫干し中の形見の着物たち↓
f:id:hissya-blog:20180113174027j:plain
手前の紺地の浴衣、これは「ワタクシ」自前の浴衣でございます。高校生の時、家庭科の授業で一年かけて手縫いで縫わされた、良くも悪くも思い出の品です。人生で一度しか着ておりませんが、クシャクシャです、おほほ。「ワタクシ」があの世に行く際にはこの浴衣を着せてもらいたいと思っております。作った主に似てヨレヨレクタクタデコボコシワシワの浴衣です。「ワタクシ」にピッタリだわ。不器用で縫い物にさんざん苦労した分、愛着があります。

青、灰色、薄灰色、クリーム色の着物を残すことにしました。帯とか雑貨はどれをどれに付けるのかわからないので、染みのないものは全部残してあります。着る機会があるといいんだけれど、結婚できたら着ようかな。できるといいな、着れるといいな。

広告を非表示にする

やっと週末

やっとこ週末がやって来ました。

会社の危機によりお給料減額を告げられた月曜日。
1時間半時間つぶしをしてからむかったお客様が留守、移動を含め2時間と歩合がとんだ火曜日。
3万円分のお客様を失った水曜日。
お客様にお尻を触られ太ももを撫でられ、セクハラされた木曜日。
そして午後キャンセル続きで13時半に仕事が終わってしまった金曜日。

さんざんですね、ええ、さんざんです。

会社存続のためには給与減額やむなし、と受け入れた社員は「ワタクシ」のみだったらしいです。他の社員は、子どもがどうこう仕送りどうこうローンがどうこう、みんな最低30万を要求しているそうです。あなたたち、そんなこと言って会社が潰れたら元も子もないじゃないの。みんなが20万くらいで良いのなら会社はやっていける見込みだそうですが、「ワタクシ」以外は皆様給与減額を拒否している模様。どうなる会社、どうなる「ワタクシ」

↓飼い主の気も知らずノビるネコたち↓
f:id:hissya-blog:20180112192312j:plain
手前の長々とノビる「ネコダンシ」にばかり目がいきますが、奥には「ネコジョシ」もおります。仲の悪いネコたちの貴重な2ショット写真です。失業の不安におののく飼い主をよそに、幸せにお昼寝しております。いいのいいの、飼い主は貧乏でも、ネコたちには何の責任もないんですもの。むしろ申し訳ございません。

週末はなるべく仕事のことは考えないようにして、園芸に読書、掃除洗濯に精を出したいと思います。

広告を非表示にする

会社の危機

新年早々会社の危機のお話です。人生色々。困ったことばかり、色々。

祝日はお仕事ですから、今日はお仕事です。職場に書類提出に寄ったところ、「ちょっと時間いいですか?」と来ました。これはもう、嫌な予感しかしません。

で、お話の内容はと言いますと、行政対応が厳しくなっているので、現状維持が難しいとのこと。そうなると、家庭を持っている男性従業員のお給料を優先するため、「ワタクシ」のような独身ぼっちの従業員は、お客様を譲るしかない。手始めに6万円分のお客様を譲ることとなりました。

え、6万円。

そう、6万円。

歩合分のボーナスが消えてしまう、消えてしまうよ。でも雇われの身、嫌とも言えないのです。もう業界的に見切りをつけた方が良いと思うのです。自分もそうだし、妻子+家のローンがある男性従業員はなおさらのこと。が、しかし、なかなか行き先が見つからないのも、新しい職場に行くのが嫌なのも、みんな一緒。今の職場に残りたいならば、他の従業員にお客様を譲ってますます貧乏するしかない。

考え時だなあ。でも焦らずに、求人情報誌を毎週欠かさずじっくり読み込むことにします。すぐに倒産するわけでもなさそうです。社長はつぶしたくない、社長夫人はもうつぶしてもいい、と思っているようです。社長がんばれ、まだつぶさないでください。

↓日光浴中の鉢植えの皆様↓
f:id:hissya-blog:20180108172748j:plain
カランコエシクラメン。昨日の写真ですが、一緒に日光浴を楽しみました。「ワタクシ」だって鉢植えやネコの家族をかかえているんです。大切な家族なんです。はあ、困ったなあ。

広告を非表示にする

「インコサン」5カ月

昨日からお仕事が始まりました。新年のやる気もしなびます。ますます太りまして、コロコロに膨らんだ姿での仕事はじめとなりました。「インコサン」と体型が似てる。下膨れだし。

そんな「インコサン」、おとなしい控えめなインコ鳥だったはずが、ここ1カ月で随分と大人になってきました。大きな声で騒ぐようになりました。

例えば。
「ワタクシ」が「こんにちはー」と茶の間に入って行けば、「オッヒョオーイ!(訳:いらっしゃあーい!)」と大きな声でお出迎え。

例えば。
「バア」にお電話すると、後ろで「オッヒョッヒョ!オーヒョッヒョッヒョ!!」と笑い袋のような声が。犯人はあのインコ鳥。「バア」に「電話中だどー!うるさいどー!静かに騒げー!」と怒られています。「静かに騒げ」だなんて、「バア」ってば難しいこと言う。

例えば。
気分は最高潮、最高にご機嫌な時。
おでこの毛をリーゼントのように逆立て、頭を上下に激しく振ってヘッドバンギング、「オッヒョイエエエエーーッッッッ!!!!」とシャウト。
ロックだぜ!パンクだぜ!イエアーッ!
少し前までは「♪オッヒョイ♪オッヒョイ♪」と可愛くはしゃいでいた子インコが、シャウトする青春インコへと育ちました。

例えば。
手に乗せると、おでこの毛を「ムワッ」と逆立て、目を白黒させながら「ギヨエー!ビヨイッ!ビヨイッ!」と野太い鳴き声。
これは何なのかしら?威嚇しているのかしら?鳥のエサやインコ用おもちゃ、おやつを自腹で買ってくるマゴさんにむかって、威嚇しているのかしら?威嚇していいのかしら?

↓青春真っただ中の「インコサン」↓
f:id:hissya-blog:20180104163014j:plain
お正月早々、おでこがハゲています。足でもすべらせて顔面着地でもしたのでしょう。ハゲて赤くなっていました。

少しおしゃべりもできるようになってきました。飛ぶのも上手になってきました。インコだって日々成長、三十路の「ワタクシ」もがんばらなくては。

広告を非表示にする

ウィーンフィル・ニューイヤーコンサート

お休み最終日が終わってしまいます。4日間のなんとはやいこと。さみしい。

年末年始、テレビは特番だらけですね。笑ってはいけない、紅白歌合戦箱根駅伝天皇杯、年末年始を感じるテレビは色々あると思いますが…「ママ」「ワタクシ」にとって、年末年始のテレビといえば、ウィーンフィルニューイヤーコンサート(→詳しくはwiki)です。これを見ると「年が明けたなあ」という気分になるのです。

豪華な内装。
お花あふれる美しい飾り付け。
着飾った紳士淑女の皆様。
優雅なクラシック音楽

年の初めに大変に優雅で良い気分になれるのです。現実には、コタツに丸まって何かボリボリ食べながら、すっぴんザンバラ髪にジャージで見ているわけですが。

しかし、今年はまだ見ていないのです。録画してあります。昨日は夜までゆっくりと「ジイバア」宅に行っておりましたからね。のんびり見ましょう。

↓今年もよろしく、お昼寝中の「ネコジョシ」↓
f:id:hissya-blog:20180102190436j:plain
干したてのお布団で気持ち良さげです。今年も仲良くけんかしましょう。

明日は仕事はじめです。良いスタートがきれますように。

2018抱負

来ました、来てしまいました、2018年、平成30年。起きたらちょうど山からの初日の出が見えました。幸先の良いスタート。何事も来年から、と先延ばしにしていたその来年が、今年になってしまいました。

今年は35歳です。アラフォーに入ります。ワープアです。ぼっちです。それでも目標を立てます。

●今年の抱負●
一つ、今年も無事故無違反
一つ、ゆたかに暮らす

転職してから毎日運転は100キロ以上です。今年も無事故無違反で過ごしましょう。
ゆたか」とは、お金のことを言っているのではございません。だってお貧乏ですもの。気持ちをゆたかに暮らしたい、ということです。美しい景色や綺麗なものを見て、美味しい物を食べて、良い音楽を聴いて、本を読んで、「清潔で快適に気分良く」暮らすことです。前々からこの目標は決めてありました。秋から身辺整理を始めたのも、この目標があったからです。毎年「今年こそパートナーを!」と願うわけですが、もう35歳ですので、そんなことを願うのはやめます。もちろん出会えれば大変結構なのですが。誰かを待つよりも、おひとりさまの暮らしをゆたかにしていきましょう。

↓我が家から見る初日の出↓
f:id:hissya-blog:20180101090311j:plain
今年の相棒は、昨年秋に買ったNikonのD5600にします。高かったけれど、でも使わなくても壊れるものだし、それならたくさん写真を撮りましょう。写真を撮りたくなるような景色に出会いましょう。そんな景色に気づける心の余裕を持ちましょう。という三段階も、「ゆたかに暮らす」ことの一つです。

今日は午前中から「ジイバア」宅へ行き、お昼にはお雑煮をいただき、おやつには甘酒をいただき、夜にはおせち。注文してお取り寄せした豪華版。たらふく食べまして、良い元日を過ごすことができました。

今年もよろしくお願いします。

広告を非表示にする

さようなら2017

やってまいりました大晦日。早いものですね。では2017年を振り返ってみましょう。

・6年勤めた会社を辞めて、転職した
「ユズ」が大空へと飛んで行った
「インコサン」をお迎えした
・バリ島へ行った
・グアムへ行った

大きな出来事はこんな感じでしょうか。

転職、これは大きな大きな出来事でした。環境が変わることが苦手な「ワタクシ」にとっては、人生でそうそうあっては困るイベントです。本来なら今頃ケアマネになって瀕死の人生を送っているはずでした。結局職種は変わらず、前の職場より運転は増えたものの、平日の時間とお給料はちょっと増えました。そのかわり祝日働くこととなりました。で、結果どうだったかと言いますと、首尾上々。成功!…のはずが、仕事納めの日に社長とお話したところ、先の見通しがちょっと不安。今後の行政対応によっては苦境に立たされるかもしれないとのこと。まあ、そこら辺の心配は会社にお任せしましょう。倒産の危機がきたら考えよう。
転職のおかげで今年は2回も海外旅行に行くことができました。それも1回は仕事を休んで。前職場ではそんなことをしたら「死ね」と言われてお給料をがっぽり引かれたことでしょう。歩合なので休んだ分お給料は減りましたし、振替やチェンジで苦労しましたが、苦労した分以上の価値のある旅行でした。

「ジイバア」は大きな病気や怪我無く過ごすことができました。「バア」は米寿の誕生日に帯状疱疹になりましたけれど、軽く済みました。ネコたちも元気。ワープアぼっちのビビリ人生にしては、上出来かなと思います。

↓今年一番の旅の思い出バリ島、黄昏時↓
f:id:hissya-blog:20171231125430j:plain
黄昏時は1日で一番好きな時間。後ろ向きなものですから、1日が終わる安ど感がありますからね。ノンビリした気持ちになれます。一方元気はつらつ前向きな「アジエサン」の一番好きな時間は、朝焼けの時間だそうです。ホント、正反対。そんな「アジエサン」、たった一人の女友達です、感謝です。文句タラタラの「ノーカクン」だって大切なお友達の一人、「ジイバア」にもネコたちにもインコにも感謝、お空から守ってくれている「ママ」にも感謝、感謝の気持ちで今年一年を終わりたいと思います。

拙いブログではありますが、この記事を読んでくださっているどこかのあなた様にも感謝をこめて!皆様良いお年を!!

広告を非表示にする

お休み初日

今日は朝から忙しく楽しく過ごしました。

まず早起きしてお洗濯。シーツ等の大物も詰め込んで、洗濯機が回らないくらいの大量のお洗濯。
次、車の掃除。中は掃除機をかけて濡れ雑巾で拭き掃除。外はシュッシュとやるスプレーで拭き掃除。運転席の下から10円見つけました、ラッキー
では次次、自室の掃除。パソコン机や自室の窓を磨き(余計に汚くなりました)、ベッドも移動して床下まで掃除機。
疲れたので椅子作業に切り替え。年計の家計簿を〆ました。これで明日はお金が使えません。これはこれで無駄遣い防止。新しい家計簿も作成。
洗濯物を取り込み、ベッドをキレイにしつらえたところで「ネコジョシ」とお昼寝。三十路も間もなく後半ですもの、大掃除が身体にこたえました。

よく働いたなあ、もしかして自分は良いお嫁さんになれるのじゃないかしら。相手がいれば。いて欲しい。

夜はのんびりお酒を飲みつつネットで無料の映画を楽しみました。

充実充実。

↓ドーンとスカイツリー
f:id:hissya-blog:20171230192904j:plain
2年前の今日はスカイツリーに行ったのでした。混んでいたのでのぼらずに下から眺めて帰って来たのでした。

明日で2017年も終わりですね。「ジイバア」のお宅に行って、お蕎麦を食べる予定です。今年も3人で年越しができるのは幸せなことです。

広告を非表示にする

仕事納め

本日無事にお仕事納まりました。転職してからの9か月間、1日の走行距離は転職前の3倍に跳ね上がりました。それにもかかわらず、無事故無違反で仕事を終えることができました。感謝。何せ運転がオンチと言いますか、下手な才能があふれていると言いますか、とにかく下手下手苦手苦手。教習所では、町中の道路を走っている最中、椅子の位置をずらそうとして間違えてボンネットをあけたり、ワイパーを動かすはずが水が噴き出したり、ブレーキを踏んだら足がつったり、その時から自分にはむいていないと悟っていました。それなのに1日100キロ走っても無事故無違反。ありがたいことです。来年も第一目標は「無事故無違反」でまいります。

お正月休みは実質4日半。30と31が土日だったため、長いお休みとなりました。わが社はお正月休みは「従業員にお任せ」です。しかし、2人1組の仕事が多いため、その相棒によっては「休んでくれるな」という人がいるため、調整はけっこう難航します。でもがんばりました、お休みは死守。

えび天ののったお蕎麦をいただく。「バア」のつくったお雑煮をいただく。おせち料理をいただく。おもちをいただく。きなこもち、あんこもち、納豆もち、豆もち。

はあ、ウットリ。4日半もお休みがあって、しかも美味しいものがたくさん待っているのです。太っても良い、あとで痩せるから(多分)。

↓お子様時代の「ネコダンシ」↓
f:id:hissya-blog:20171229194353j:plain
う、可愛い。可愛いよ「ネコダンシ」。今日会社に書類提出に寄ったところ、初めて出会うワンコが。ポワポワのポメラニアンの子犬が。それはそれは愛くるしいワンコが。今年16歳のポメラニアンを亡くした社長一家、また新たな家族をお迎えしたそうです。ピョコピョコと走り回って、飛びついてくる人懐っこい可愛いワンコでした。職場に寄る際の楽しみができました。

楽しい夜も酣、夜更かしします。

広告を非表示にする